倶楽部 へいちゃん 2

アクセスカウンタ

zoom RSS 野田政権の危険思考とハチャメチャな発言

<<   作成日時 : 2012/04/14 19:35   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

こんばんは。

北朝鮮のミサイル打ち上げ失敗で、取り敢えず事なきを得た格好になってるが、情報の錯綜には呆れ果てた。

結局、現日本政府は何もできない事が全て見えてしまった訳だ。

今夜は、北朝鮮よりも怖い政府の暴走ぶりに触れてみよう。

福島原発事故の総括も出てないままに、原発の再稼働に政府は動いている。

僕がよく使う言葉で、「喉元過ぎれば・・・」ってのがあるけれど、まったくその通りの流れになっている。

政治家が最終判断、政治決断で原発の再稼働に踏み切るのがどれだけ怖いことか、どれだけの人が理解してるのだろうか?

仮に、福井県の大飯原発が再稼働して、事故があった場合、近畿の水瓶の琵琶湖が汚染されて水が飲めなくなる。

当然、山、川、田畑も含めて広範囲で放射能汚染被害が出る。

国が責任をもってというが、福島原発の後始末さえ出来ていない状態で、誰が政府の言葉を信用するだろうか。。

焦点:信頼不在の大飯原発再稼働、政権の官僚依存が露呈

[東京 14日 ロイター]

野田政権が、関西電力(9503.T: 株価, ニュース, レポート)大飯原子力発電3、4号機(福井県おおい町)の再稼働が「必要ある」とした13日の政治判断は、国民の信頼が大きく欠けた中で行われた。

枝野幸男経済産業相は13日の記者会見で、電力需給について「楽観論に軽々に与し、供給が足りなることは許されない」と語ったが、「原発ゼロでも夏は乗り切れる可能性がある」とした1月末の自身の発言と矛盾する。
有識者からは官僚に取り込まれた民主党政権の限界を指摘する声が聞かれる。


画像


大飯原発

<本当に電気は足りないのか>

再稼働の必要性ありと判断した最大の根拠として政府が示したのは、原発ゼロの場合、関電管内の電力供給が需要に対してどれだけ不足するかというデータだ。

9日と13日に首相官邸内の会見場で配布されたが、資源エネルギー庁が関電からの報告を基に提示した不足の割合は、一昨年夏並の猛暑だった場合は18.4%(9日時点提示では19.6%)、1割の節電要請を呼びかけた昨年夏並の暑さだったら5.5%(同7.6%)のそれぞれ供給不足になるという。

ただ、これはエアコン需要が急増する日中の時間帯での数値で、この時間の需要を減らして他の時間帯に誘導するなどの工夫をすればこうした危機を回避できるとの見方は少なくない。

関電によると、昨年夏(7月―9月)の需要が、今年の原発ゼロ想定の供給力(9日時点提示の2574万キロワット)を上回ったのは11日間の合計56時間。昨年夏並の暑さなら、3カ月間のうち10日間余りの日中の需要をうまく他の時間帯に誘導すれば、危機は回避できる。

同様に、一昨年夏の需要の場合、今年の原発ゼロ想定の供給力(同2489万キロワット)を上回ったのは51日間の計473時間で、この前提ではたしかに厳しそうに見える。

ただ、国のエネルギー政策議論に参加する飯田哲也・環境エネルギー政策研究所(ISEP)所長は、「最大需要は、一昨年の異常値は去年と比較すると350万キロワット多いが、内訳は気温要因が160万キロワット、関電が需給調整した分とその他節電効果で190万キロワット。

一昨年並の猛暑となった場合でも、160万キロワット分は、去年から今年に出来る節電側のピークマネージメント(最大需要抑制)で楽に減らせる」と指摘する。


大飯原発に隣接する滋賀県の嘉田由紀子知事は今月6日、ロイターのインタビューで、需給ギャップを乗り越える手法として、「(企業などの節電分を電力会社が買い取る)ネガワットなど市場メカニズムの中に節電を取り入れること」を挙げるなど、節電を「供給力」として活用すべきとする声が高まっている。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
野田政権の危険思考とハチャメチャな発言 倶楽部 へいちゃん 2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる