倶楽部 へいちゃん 2

アクセスカウンタ

zoom RSS 吉野家が全自動(?)ご飯盛り付け機を導入(@_@;)

<<   作成日時 : 2012/11/09 13:32   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

こんにちは。

凄いですね〜w

牛丼店も自動飯盛マシンですか・・・。

最初に回転寿司で自動シャリマシンを見たときにはウンザリしたんですけど、今回はどうでしょう。

いかに早さも売りのひとつとは言え、あまりにも暖かみがないような気がしないでもないんですけどね(^^;;

その昔は、業界ナンバーワンだった吉野家。

機械に頼らず、味でガンバッテほしいとこです^^


吉野家、ご飯の盛り付け機械化へ 1年以上かかる盛り付け習熟が不要に

J-CASTニュースによると、吉野家ホールディングスは、丼もののご飯盛り付けを機械化。

画像


さらなる作業の効率化を目指すとのこと。

機械を導入した場合の盛り付け時間は、丼一杯あたり2.4秒。つまり「2.4sec/D(丼)」ですね。

なお、規定量で規定時間内に盛りつけられるようになるには、習熟が1年以上かかるらしいですよ。

熟練の盛り付けスキルが必要な作業だったのか。

記事によると、吉野家はすでにご飯を自動で盛り付ける機械を今年の7月から導入。

吉野家ホールディングスは丼物のご飯の盛り付けを機械化し、店舗作業の効率化を進めていくと2012年11月6日、日本経済新聞が報じた。

吉野家はご飯を自動で盛り付ける機械をすでに2012年7月から導入、2013年2月までに全店舗の8割以上に拡大する予定だ。

吉野家はBSE問題をきっかけに牛丼以外にメニューが多様化したため、正確にすばやく盛り付けるのが難しくなっていた。

機械を使用した場合、どんぶり1杯あたりの盛り付け時間は2.4秒。1店舗で1日あたり計20分近くの時間短縮になる試算だという。

牛丼の規定量について

画像


種類  肉     御飯    玉葱  タレ
並盛 85g±5g  260g±10g  3〜5切  35g
大盛 110g±5g 320g±10g  5〜7切  45g
特盛 170g±5g 320g±10g  6〜10切 55g
定食 60g      ―     2〜3切  10g

また従来は、新入社員やアルバイトがご飯を規定量で規定時間内に盛り付けれるようになるまで1年以上かかっていたが、機械の導入によって従業員の指導時の負担軽減も期待されている。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
吉野家が全自動(?)ご飯盛り付け機を導入(@_@;) 倶楽部 へいちゃん 2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる