倶楽部 へいちゃん 2

アクセスカウンタ

zoom RSS 最高裁が「違憲状態」とした、「一票の格差」が解消されないまま事実上の選挙戦。

<<   作成日時 : 2012/11/16 22:38   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

衆院は16日の本会議で解散され、12月4日公示・16日投開票の日程で総選挙が行われることが臨時閣議で正式に決まった。

09年9月に政権交代を果たした民主党は与党としての初めての衆院選に臨むが、野田佳彦首相は目標を「比較第1党」とし、現政権を維持できる単独過半数を掲げなかった。

政権奪還を狙う自民、公明両党は「自公で過半数」を目指し、日本維新の会など「第三極」を目指す勢力との三つどもえの構図で事実上の選挙戦に突入した。

こんばんは。

慌ただしく衆議院が解散して選挙モードに入った。

今日もTVではその話題で持ちきりだが、民VS自公VS第三極と言われてもピンと来ない。

民主党は泥船だし、自民党に至っては古参議員が多く何も変わってないように思える。

公明党は宗教分離をしてから、政治に対するお題目を唱えなければならないやろ。

第三極と言われてる少数政党の寄せ集め部隊も、どこが新しいのか?

議員たちは選挙で落ちたらただの人になるから必死みたいだけど、国民は冷めた目で見てるような気がする。

以前にも書いたが、世襲議員は任期は1期、60歳定年制導入を是非ともやってほしい。

キャリアがある、年寄りの知恵と言われてもここまでの政治を見てると経験値はずる賢い方向にしか働いてない。

今回の選挙では、国民の知性が試されてると僕は思う。

しがらみや、付き合いで投票してきたツケが今の政治を招いたのだから有権者がしっかりとした意思を持って投票しないと何も変わらないし、変えることなんか出来やしない。

マニフェストは「リップサービス」くらいに思って、よく考えて清き一票をいれようじゃないか。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
最高裁が「違憲状態」とした、「一票の格差」が解消されないまま事実上の選挙戦。 倶楽部 へいちゃん 2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる