倶楽部 へいちゃん 2

アクセスカウンタ

zoom RSS 選挙結果に感じた事

<<   作成日時 : 2012/12/17 19:44   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

こんばんは。

昨夜から今日は選挙結果の放送ばかりでウンザリだと思うけど、やはり個人的な感想を書き留めておく事にした。

自民党295議席。公明党と連立を組むと衆院の3分の2を超える巨大与党になる。

でも投票率は59%あまり。

残りの49%の国民は仮に新しい政府の元、現状よりも更に景気や外交政策の失敗で国益を損なうことになっても文句を言う資格はないと思ってください。

国民の義務である「投票」に行かなかったのですから。

TVの街頭インタビューを聞いていても、いい年齢のおじさんや奥さん連中が投票に行っても変わらないだとか、自分の1票で変わるとは思えないとか答えていたけど、政治の根本が解っていない。

そんな親に育てられた子供が大きくなっても選挙に行く(参加)意味なんて理解できないだろう。

公民権はなぜあるか?そこから教えなくてはなりません。

今回の選挙結果に早速、中韓が反発しているが、お門違いもいいとではないか。

そういった新聞記事がリアルタイムで世界中に流れる今の時代、「内政干渉だ!」くらいは表明すべきだと思う。

また2月22日は「竹島の日」。

その2日後に韓国大統領選挙がある。

「竹島の日」の日本側の対応次第では、韓国は大統領の就任式に総理大臣を招待しないらしい。これはあくまでオフレコの話だが。

自民党の選挙公約に載ってた、憲法改正をして、自衛隊を「国防軍」にするという文面だが、僕はやればいいと思う。

今日は石破氏がTVに出ずっぱりだったようだけど、彼の言う、「外国に対しては軍隊で、国内には軍隊でないと言う変な表現は是正すべき」という意見にも賛成する。

こう書くからといって、僕は自民党の党員でもないし、自民党が好きな訳でもない。ましてや公明党や社民党は大っ嫌いだ。

話してる内容が正論なら支持するし、逆なら反対を声高に叫ぶ。

期待されていた第3極の党も結局は国民にわかりにくいままで投票日を迎えたって感じで気の毒だったな。

民主党は自業自得。船頭が多すぎたw

3年少々の政権与党だったけど、閣僚の勘違いが後半は特に激しかった。

大臣個々が思ったことをマイクの前で話す行為は見せなくてもいい食い違いの部分を世間に広めたし発言自体に重みがなくなった。

我が、徳島県では落としたいNO1候補の仙谷由人氏が予想通りに落選してくれた。

仙谷氏のイメージで徳島県民のイメージまで下がっていたからね。

近々民主党は代表を決めるそうだが、また前原氏の名前が上がってる。

あんな格好しいだけの政治家が代表になったら益々ジリ貧だろう。京都府民は何を考えているのやら・・・

みんなの党は議員数倍増で喜んでいるが、それで終わりか?

維新も、未来もだ。

「是々非々」と言う便利な言葉をすぐに使うが、言い方を変えれば風見鶏ともいえるんじゃないか。

清貧、信念、をもつ政治家が今回の当選組から何人出てくるかが、まぁ楽しみ。

自民党のジジィ返り咲き議員の行動や発言にも注意をしたい。

議員の利になり、国民の不利益になるような立法を提出したりするかもしれないかもね。

事項連立政権に嫌気がさして、政権与党から降ろしたのに、たった3年少々で返り咲くとは。

また、与党議員がブクブク肥えていく姿をめにするんだろうな〜

ちょっとは身を粉にして、選挙戦の時のように当選後も働けと言いたい。





自民党で選挙と議員をやりました 角川SSC新書 / 山内和彦 【新書】
HMV ローソンホットステーション R
商品の詳細ジャンル文芸フォーマット新書出版社角川マガジンズ発売日2007年12月ISBN978482

楽天市場 by 自民党で選挙と議員をやりました 角川SSC新書 / 山内和彦 【新書】 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
選挙結果に感じた事 倶楽部 へいちゃん 2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる