倶楽部 へいちゃん 2

アクセスカウンタ

zoom RSS 朝日新聞が好きな人は嫌悪感があるだろうなw

<<   作成日時 : 2013/04/26 22:21   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

こんばんは。

安倍総理が憲法改正路線を邁進している。

そんな中、産経新聞が「国民憲法」の指針を発表しました。

内容にアレルギー反応を示す人もいるでしょうね。

話せばわかる、平和、平和と唱えると大丈夫と信じきってる馬鹿な人は真っ青になる(爆)

だが、現在の世界情勢を的確に把握して今置かれている日本の立ち位置を考えると、この「国民憲法」はまさに正論になる。

画像


本紙「国民の憲法」要綱を発表 「独立自存の道義国家」

産経新聞は創刊80周年と「正論」40周年の記念事業として進めてきた「国民の憲法」要綱をまとめ26日、発表した。

わが国にふさわしい「新憲法」として国柄を明記、前文で国づくりの目標を「独立自存の道義国家」と掲げた。

平和を維持する国防の軍保持や「国を守る義務」、緊急事態条項を新たに設けた。

「国難」に対応できない現行憲法の致命的欠陥を踏まえ「国民の憲法」要綱は危機に対処でき「国家の羅針盤」となるよう目指した。

12章117条、「天皇は元首」「軍を保持」明記

まず、わが国が天皇を戴(いただ)く立憲君主国という国柄を第1条で定めた。

現在の「国民統合の象徴」に加えて天皇は「国の永続性の象徴」でもあるとした。

たびたび議論があった天皇の法的地位も国の代表者である「元首」と明記。

皇位も「皇統に属する男系の子孫」が継承するとした。


現行憲法で「戦争の放棄」だった章は第三章「国防」と改めた。

国際平和を希求し、紛争の平和的解決に努めつつも、独立や安全確保、国民の保護と国際平和に積極貢献できるよう軍保持を明記。

国家の緊急事態条項では、不測の事態下での私権制限が可能とした。

独立自存 他の力に頼ることなく、自らの力で生存を確保することをいう。

起草委員会の顔ぶれ


 委員長            

 ・田久保忠衛(たくぼ・ただえ)杏林大学名誉教授

 委員             

 ・佐瀬昌盛(させ・まさもり) 防衛大学校名誉教授

 ・西修(にし・おさむ)    駒沢大学名誉教授

 ・大原康男(おおはら・やすお)国学院大学大学院客員教授

 ・百地章(ももち・あきら)  日本大学教授

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
朝日新聞が好きな人は嫌悪感があるだろうなw 倶楽部 へいちゃん 2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる