倶楽部 へいちゃん 2

アクセスカウンタ

zoom RSS 近代化著しい中国人民解放軍。果たして自衛隊の装備と比較してどちらが上なのか。

<<   作成日時 : 2013/06/29 11:45   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

こんにちは。

また、半中国人の鳩山元総理が国益を損なうような発言を連発して世界を賑わせている。

中国政府の回し者とも言える発言にはゲンナリする。

あと、夕方からある関西ローカル番組の金曜日のコメンテーターも中国寄りの発言が多く、聞いていても腹が立つ

日本人も、もっとしっかりしないと領土は益々減っていき、排他的経済水域が減少して魚が値上がるするのは間違いない。すなわち、漁業関係者にとっても何一ついいことはない。

海底に眠る資源もしかり。

いつ大きな地震が来てもおかしくないのに、原発再起動ありきの方向といい、誰も孫子の代までの心配なんてしていないのも同然。

通常弾だろうが、核ミサイルだろうが何がキッカケでドンパチが始まるかもしれない瀬戸際に我々はいるって認識をもっていないと危険だろう。

憲法9条を守れをお題目のように繰り返して唱えても、真の平和はやってこない。

外交には経済力と軍事力がセットになっているからね。

実弾よりまずはサイバー攻撃が真っ先にはじまるんだろうけど・・・



日中戦闘機の実力拮抗 早期警戒管制機は自衛隊が圧倒的に上

【戦闘機】

航空自衛隊の主力戦闘機F-15と中国空軍の主力戦闘機Su-27は、速度や運動性、兵装搭載量もほぼ同じで実力は拮抗している。

200機あるF-15のうち、レーダー探知能力を上げ、より高性能なミサイルを搭載するなどの改修を施せる比較的新しい機は100機程度。

画像


一方、改修されたF-15と同レベルのSu-27は現在120機程度で、今後さらに増える可能性がある。

画像


【フォースマルチプライヤー】

航空機の戦力を増大させる装備のことで、早期警戒管制機(AWACS)、空中給油機などが相当する。

これに関しては自衛隊が圧倒的に上だ。

自衛隊の早期警戒管制機E-767(4機配備)は、世界トップクラスの精密な探知能力を持ち、現在、日本だけが運用している。

画像


それに比べると、自国製のレーダーを積んだ中国のKJ-2000はレーダー探知能力が低い。

画像


自衛隊の空中給油機KC-767(4機配備)は給油できる量が多く、しかもF-15、F-2(主力多用途戦闘機)、将来の配備が予定されるステルス戦闘機F-35のどれにも給油できる。

それに対して中国のHY-6は、旧ソ連製の古い爆撃機を改造したもので、給油できる量はさほど多くなく、給油バルブの形状からSu-27やSu-30(戦闘攻撃機)に給油できないという大きな欠点がある。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
近代化著しい中国人民解放軍。果たして自衛隊の装備と比較してどちらが上なのか。 倶楽部 へいちゃん 2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる