倶楽部 へいちゃん 2

アクセスカウンタ

zoom RSS 参院選後の対処で日本の未来が見える

<<   作成日時 : 2013/07/19 22:36   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ソウルで米中韓会議開催へ「日本外し」で新枠組み

韓国外務省報道官は19日、同国と米国、中国の3カ国の外交担当者と民間の研究者が22日にソウルで安全保障問題に関する会議を開くと明らかにした。

朴槿恵大統領は北朝鮮政策をめぐり、従来の「日米韓」に代わり「米中韓」で対処する新たな枠組みを追求。

画像


構想を本格化させるため、米中韓による「戦略対話」の設立を提唱し、22日の会議をその第一歩と位置付けているようだ。

ただ、米国が同盟国日本に配慮する一方、中国は米国との2国間協議を重視しているとされ、米中が韓国側の思惑を支持するかどうかは未知数。

「日本外し」に踏み出したことで歴史認識をめぐり対立する日本との外交関係改善が一層遅れる見通しだ。

ソウルの外交筋によると、韓国は外交当局者だけでの会議を模索したが、米中が難色を示し、民間研究者も加えた形に落ち着いた。


こんばんは。

日曜日が参院選挙の投票日だ。

投票率がどれくらいになるかはわからないが、自民、公明が圧勝。

共産党も議席数が倍増と言われている。

捻じれ国会は解消される見込みだが、自公で過半数を取るとなると昔を思い出してしまう。

対中、対韓、対北朝鮮と日本海を挟んでとてもキナ臭い状態が続いているから安定政権(長期政権)が望ましいのはわかるけど。

安倍総理の強気の発言は個人的には◎をつける。

ただ自民党内の親中派、親韓派が安倍総理がやろうとして事を邪魔するだろうけどね。

先日も書いたが、韓国が中国にすり寄っている。

どんどんすり寄って行ってもらっても個人的にはOKなのだが、中国経済破綻が囁かれている今、韓国も国内経済状態はよくないのが大恐慌の切っ掛けになりはしないかと危惧をする。

日本と韓国、中国はいくら時間や年数をかけても交わることはない。

表面的はどうであれ、心底から手を結んで歩んで行くことは不可能だろう。

中韓共に自国の経済状態が悪化をしていく度に反日派を煽る。

馬鹿の一つ覚えしかできない両国なのだ。

安全保障会議に日本を入れないと判断した朴大統領は、おそらく足元を掬われるだろう・・・中国にね。

中華思想からいうと朝鮮半島はもともと中国の属国だったのだから。

韓国が中国と対等に交渉できるはずがない。たとえ同盟国に米国があってもだ。

それだけ中国はしたたかで腹が黒いのだ。

韓国から日本や米国の軍事機密が中国に漏れない事を祈るだけかな。

何と言っても中国はコピー大国だからね(爆)

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
参院選後の対処で日本の未来が見える 倶楽部 へいちゃん 2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる