倶楽部 へいちゃん 2

アクセスカウンタ

zoom RSS 威風堂々

<<   作成日時 : 2013/09/04 21:32   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

こんばんは。

僕のイメージは、アメ車=足回りフワフワ、燃料大食い、トルクはデカいけどエンジンが高回転型ではないというのがある。

今はそうじゃないだろうけど。

どうしても青春時代をミッションタイプの車で過ごしてきた僕からすると「アメ車はね〜」って感じだった。

今でこそAT免許所得率が9割をこえてるけど、昔は反対でした。

そもそも、AT車なんて呼んでなかった(;'∀')

「トルコン」って言ってた。トルクコンバーターから略して呼んで半分馬鹿にしてたもんです。

時代が進むにつれAT車の性能も飛躍的に向上してミッション車よりスタートも早い。

そこでこの「キャデラック」がちょっと気になってしまったw

キャデラックと言えばお金持ちが乗る車のイメージはあるけど、ここまでシャープになると欲しくなるね。


ゼネラルモーターズ・ジャパンはこのほど、グランドクーペモデルのコンセプトカー「エルミラージ」を発表した。

米国カリフォルニア州カーメルで開催されているペブルビーチ・コンコース・エレガンスでベールを脱いだこのモデルは、キャデラック・ブランドの頂点、新しいビジョンとして紹介されている。

キャデラッククーペのコンセプトカーのシート

高級車ブランドのキャデラックのコンセプトデザイン「Elmiraj」は、外観どころじゃなく車内のスタイリッシュさに「うわ、シート薄(うす)っ!」と驚愕する。

画像


2ドアグランド・クーペのクラシックなスタイルでありながら、現代風にアレンジされた「キャデラック エルミラージ」は、全長501cmという存在感のあるボディを持つ。そのデザインはなめらかな流線型のシルエットと、キャデラックらしい堂々としたフロントマスクを両立。

画像


コンセプトは、キャデラックの哲学であるドラマチックなデザインとパフォーマンス、軽量化、生き生きして活気のあるクルマづくりを推進させることだという。

エンジンは推定500PSの4.5リットル・ツインターボ付きV8エンジンを搭載し、後輪を駆動する。

画像


また、そのアーキテクチャは、「キャデラック ATS スポーツセダン」や、新型「キャデラック CTS」で示した軽量化、後輪駆動パフォーマンスへのキャデラック・ブランドとしてのコミットメントを表しているという。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
威風堂々 倶楽部 へいちゃん 2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる