倶楽部 へいちゃん 2

アクセスカウンタ

zoom RSS 日中韓3カ国に対する好感度調査

<<   作成日時 : 2013/10/28 22:37   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

日中韓3カ国に対する好感度調査

2013年10月28日、韓国・朝鮮日報(中国語版)によると、東南アジアの人々を対象に行ったある調査で、韓国文化に対する好感度と日本文化に対する好感度は均衡しているものの、国家イメージでは日本が韓国を大きく上回った。

画像


漢陽大学の韓充敏教授はソウルのメディアセンターで行われた韓流未来戦略研究フォーラムで、「東南アジアの5カ国の人に対して、日中韓3カ国の文化および国家の好感度を調査した結果、韓国は日本より低く、中国より高いことがわかった」と明らかにした。

韓教授は、シンガポール、マレーシア、タイ、ベトナム、インドネシアの5カ国の各200人、計1000人に対して調査を行った。

調査の結果、東南アジアの5カ国の人が韓国文化に対して付けた得点は4.94点(7点満点)で、中国の4.87点を上回ったものの、日本(4.95点)にはわずかにおよばなかった。

また、国家のイメージでは、日本が6.02点だったのに対し、韓国は5.55点、中国は4.95点となった。

韓教授は、「韓流は女性と学生に人気だが、中高年には受けが良くない。

中高年の多くが、韓国よりも早く成功した日本に高い評価を与えたことが、この差につながったのだろう」と分析している。


こんばんは。

着実に中国と韓国はアジアのお荷物的存在になっている事がわかる。

当事者国はまったく気づいてはいないけどね(爆)

国民性も当然あるだろう。やはり日本人は優れている。

教育にしても(僕は現在の日教組のやり方は嫌いだが)まず平等に扱っている点がひとつ。

倫理観、道徳観も世界に通用するレベルにあるのは周知の事実だろう。

逆に、勤勉と正直すぎる点が外交においてはしばしば損をしているのだが・・・

国連に対する貢献度は世界第2位って事も知っておかないといけない。

僕らの税金からだしているんだからね。

でも戦勝国ではないから「常任理事国」にはなれない。

これも偏見のひとつ。

中国や韓国の反日教育は現代でも続いている事からもわかるように、中韓は日本に対して常に劣等感に支配されてきた感情の裏返しとも言えなくはない。

ただ、何事もそうだが行き過ぎるといい結果は出ない。

画像


欧米人から見ても日本への好感度は高いのは、敗戦国でありながら現在に至るまでODAをはじめ各部門で世界に貢献してきた証でもある。

ただ、正直者がバカを見ないような外交を築いてほしいと願うだけだ。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
日中韓3カ国に対する好感度調査 倶楽部 へいちゃん 2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる