倶楽部 へいちゃん 2

アクセスカウンタ

zoom RSS 自由を取り違えるのはよくないが、自由があるのはいいことだな。

<<   作成日時 : 2013/11/15 23:51   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

こんばんは。

とても人間が普通の生活ができる国家じゃない事が解ってきたんじゃないかな。

統制下で検閲はあるし、ネットも常に監視され国家に都合の悪い情報は発信させないし国民には見せない。

結局いい思いをしているのは極一部の党の人間と、人民軍ぐらいだろう。

まぁ人民軍と言っても、自分で判断をする材料がないから司令部の言いなりになってるわけだけどね。

事実を中国の国民が知る事になると、中国は間違いなく内部崩壊する。

それも旧ソ連以上の混乱に陥るだろう。

弱い犬ほどよく吠えると言うが、中国、韓国がまさにそれだな。

都合が悪くなると反日感情を煽って政治基盤を安定させるって手法しかしらないのだから特急品の馬鹿国家であるのは間違いない。


2013年11月13日、米華字メディア・多維新聞によると、中国政府がミニブログサービス・微博(ウェイボー)に対する一斉締め付けを行っており、8月以降、すでに10万を超えるアカウントが停止などの憂き目に遭っている。

画像


北京青年報が13日に伝えたところによると、中国政府は8月10日からインターネット利用に関する「7つの基準」を定めてSNSやミニブログなどに対する管理を強化し始め、利用者が最も多い微博サービス・新浪微博ですでに10万を超えるアカウントに対して発言禁止やアカウントの永久停止などの処置が行われた。

処置対象となったアカウントのうち7割は個人攻撃を行ったことが理由とされ、それ以外に他のユーザーに対する嫌がらせや虚偽の書き込み、なりすまし、盗用、プライバシー侵害などが処置の理由となっている。

運営側も虚偽情報の取り締まりを強めている。

新浪微博は「ウソ・デマの集散地」と呼ばれるほどで、1年前には毎日4000件もの虚偽情報が通報される状態となっていた。

8月上旬、中国政府のインターネットを管轄する機関は著名なネットユーザーと座談会を開き、インターネットを利用する上で守るべき「7つの基準」を制定。

法律・法規、社会主義制度、国家利益、公民の合法的な権益、社会公共秩序、道徳・風紀、情報信頼性という7つの基準が定められたが、処置対象となったアカウントはいずれも何らかの形でこの基準に違反したものとみられている。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
自由を取り違えるのはよくないが、自由があるのはいいことだな。 倶楽部 へいちゃん 2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる