倶楽部 へいちゃん 2

アクセスカウンタ

zoom RSS 韓国の朴槿恵大統領の常套手段

<<   作成日時 : 2013/11/03 00:08   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

韓国大統領、欧州でも日本批判


韓国の朴槿恵大統領は2日、欧州歴訪を前に日本との歴史問題に触れ、第2次大戦の敗戦国ドイツが周辺国と和解したことで欧州統合が実現したと指摘、日本はこれを見て「(今とは)別の態度を見せてほしい」と述べた。

歴史問題で欧州からの支持を取り付けたい思惑とみられ、大統領が欧州で日本批判を展開。

フランス紙フィガロとの会見での発言を聯合ニュースが報じた。

朴氏は「日本の一部政治家が歴史問題で盛んに過去に逆戻りする発言をしており遺憾だ」と批判。

画像


ナチス犯罪を徹底的に追及しているドイツを念頭に、欧州統合は「ドイツが過去の過ちに対し積極的な態度を見せた」ため可能だったと述べ、日独の戦後処理の対応は対照的だと強調した。

朴氏は2月の就任後、米中などへの外遊時にも首脳会談などで日本をけん制する発言をした。

こんばんは。

もう韓国とお付き合いを継続しても何のメリットもない。

大統領自らが日本との距離を取りたがっているのだから逆に日本から三行半を送り付けるのもいい方法かもしれない。

こういった反日外交に主眼を置いた行動は、ウソにウソを重ねる外交であって本筋を通している日本からしたら許しがたい行為ではないか。

「遺憾の意を表明」とか「大使を呼んで抗議した」なんて甘すぎる。

lここまで相手がやるならば、「目には目を歯には歯を」で粛々と対応をしていってもらいたい。

もっと具体的な内容で、竹島に絞った日本の主張と裏付けをYouTubeに動画でもっとアップしていくべきだろう。

それこそ相手のしてきた事を逆手にとって重箱の隅をつつくような事をやってもいいと思う。

反日外交をやっている間にも韓国経済は坂道を転げ落ちているのだから、そのうちに朴大統領の暗殺があるかも知れない。

日本にこだわり自国の経済悪化を顧みていないから不満が爆発するだろう。

日本もいい子ぶっていないで、言うべき事は世界に発信していかなくては、黙っていたっていいことはまずないだろう。

ナチスを比較に出しているが、ナチズムと日本の欧米からの植民地解放は別問題だと言う事もふれていかないといけない。

長い間日本は、敗戦国と言う十字架を背負って黙りすぎた。

そろそろここらで、十字架を降ろして正々堂々と日本の主張をしていく時期になった。

日本の新造艦(潜水艦)黒龍の進水式があったが、まだまだ国防と言う意味では戦力が足りない。

変な箱モノを作って雇用の拡大を狙うなら、優秀な技術がある造船分野で新造船を量産すれば雇用の問題も解決するってものだ。

言葉で「平和」「伝送反対」と唱えても戦争がおこらない確証は全くないのだから。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
韓国の朴槿恵大統領の常套手段 倶楽部 へいちゃん 2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる