倶楽部 へいちゃん 2

アクセスカウンタ

zoom RSS どう考えてもおかしいと思う。

<<   作成日時 : 2014/01/21 22:20   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

こんばんは。

この事件を知っていらっしゃる方も多いと思いますが、結果が出たのであらたにアップします。

「マクドナルド事件」で露出するアメリカにおける韓国系団体の悪質な手口。

いつのまにか「被害者」と「加害者」が逆転する不条理 をどう思うか?

画像


事件をかいつまんで書くと、今月2日、ニューヨーク市内のフラッシングにあるマクドナルドの店舗で場所柄いつも込み合っているこの店舗では、「店内のテーブルには20分以上とどまれません」との案内文を出し、長時間の座席専有を禁じていたところ、「高齢者6人が2時間以上の長時間席を占領しており、営業の妨げになる」として午後3時ごろ警察に通報、2人の警官が6人を店の外に強制退去させた。

これが発端です。

店側の説明では高齢者に外に出るよう何度も求めたが、聞き入れられなかったため警察に通報。

何度の店側のお願いも聞き入れずいすわっていたのです。

強制退去いただくために警察を呼んだ対応も致し方ないと僕もここは同意しますね。

普通ならどうということはない小さな「出来事」で終わったはずなんですが、相手が悪かった。

それは強制退去させられた高齢者グループが韓国系移民一世のグループだったから。

この「小さな出来事」は、すぐに韓国系団体の知るところとなり「大きな事件」へと発展させられます。これはもう否応なしにですよ。

ここから韓国系団体の強引な抗議活動と強力なロビー活動が始まります。

17日付けのニューヨークタイムス記事は「韓国系在住者を挙げての1カ月間の集団不買運動」を報じて、、「ニューヨーク韓人学父兄協会」など韓国系米国在住者団体は16日、同店前で糾弾集会を開きました。

「人種差別と高齢者差別を行ったマクドナルドに対し、韓国系在住者を挙げて2月の1カ月間、不買運動を展開する」と宣言、この「小さな出来事」はこの瞬間「人種差別と高齢者差別を行ったマクドナルドに対する集団不買運動」という「大きな事件」に転換されたのです。

被害者であったマクドナルド側が「人種差別と高齢者差別」の加害者に、加害者であったただの非常識な営業妨害行為を繰り返していた老人集団が「人種差別と高齢者差別」の被害者に、強制的に変質した瞬間でもあります。

韓国系団体の常套手段として、この「大きな事件」を韓国系に有利な結果に導くために、強力なロビー活動を展開し議会の親韓議員を動かします。

こういった手法は、対日ロビー活動にも利用されています。

従軍慰安婦像の設置についても同様に資金と団体圧力でアメリカの上下院議員が動かされる有様です。

その結果どうなったかと言うと、21日付け韓国・朝鮮日報日本語版速報記事にはこうありました。

韓国系高齢者を追い出した米マクドナルドが公式謝罪

店側が警察に通報し、高齢者たちを店外に追いやった問題で、この店舗が19日(現地時間)、高齢者たちに会って公式謝罪した。

騒動のあったマクドナルドのニューヨーク・フラッシング店のジャック・バート店長と、韓国系高齢者十数人は同日、ロン・キム(韓国名:キム・テソク)ニューヨーク州下院議員の仲裁により、キム議員の事務所で面会。

バート店長は「警察を呼んで顧客を追い出した行為は適切でなかった」として「二度とこのようなことが起きないよう注意する」と謝罪した。

同店長はまた「高齢者たちに威圧的な態度で接したマネージャーを交代させ、韓国系の顧客のために韓国系従業員1人を追加で採用したい」と話した。

また、座席の利用時間を従来の20分から1時間に延長し、これに関する韓国語での案内を掲示することも決めた。

非常識な営業妨害を繰り返していた加害者が「被害者」となり、被害者だったマクドナルドが「人種差別と高齢者差別を行った」「加害者」となり、政治家の圧力も加わり、「被害者」たちに「公式謝罪」をするところまで、追い込まれた訳です。

これをそのまま、日本に当てはめて考えるとおおよその見当はバカじゃない限りわかると思います。

韓国と言う国(人種)は、そこいらの裏社会に生きる輩よりも周到で狡賢く立ち回り、自己の正当性をいかなる手段を使ってでも得るという事です。

日本にいる親韓派のみなさま、恥ずかしいと感じませんか?

こういったやり方が堂々と通用する社会にも問題はありますが、大陸人や半島人は、そんなことは気にもせず我が道を行くです。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
どう考えてもおかしいと思う。 倶楽部 へいちゃん 2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる