倶楽部 へいちゃん 2

アクセスカウンタ

zoom RSS 卑劣極まる中韓連合

<<   作成日時 : 2014/01/25 21:11   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

こんばんは。

今日は寒さも一休みと言う感じの徳島でした。

このブログでよく取り上げている中国、韓国問題ですがアメリカでは中韓連合が勢いを増すばかりです。

画像


全米各地で慰安婦の像や碑が設置されているが、最近、韓国系団体に加えて、中国系団体が前面に出てくるケースが増えている。

画像


世界抗日戦争史実維護連合会 ロゴ

日系人や在留邦人らは危機感を強め、反対運動に立ち上がった。

国際政治学者の藤井厳喜氏は1月上旬、米カリフォルニア州を訪れ、慰安婦問題の真実を講演するとともに、歴史をねじ曲げ、日本を貶(おとし)めている卑劣な中韓連合の実態を調査してきた。

韓国系団体はこれまで、慰安婦の強制連行数(=日本の軍・官憲が組織的に強制連行した資料・証拠はない)を「朝鮮女性を中心に20万人」と主張してきたが、世界的に反日運動を展開する中国系の「世界抗日戦争史実維護連合会」(抗日連合会)は、何と「慰安婦は計50万人、中国人が25万人、朝鮮・韓国人が25万人」と主張を変えてきた。

まったく根拠のない捏造(ねつぞう)数字であり、「慰安婦=性奴隷」説自体も事実無根。


だが大ウソが大手を振ってまかり通り始めている米国の現実があるのだ。

「第2次世界大戦当時、公娼制度は合法だった」「慰安婦はプロの戦時売春婦であり、日本兵を上回る高給を受け取っていた」「軍による強制連行の実例は1例もない」「慰安婦問題は、日本の反日メディアによる捏造報道がきっかけである」(朝日新聞により従軍慰安婦なる言葉がつけられた事実)

ワシントンの国立公文書館に保管されている、太平洋戦争中の1944年、米軍が慰安婦から聞き取り調査した報告書にも、「慰安婦=性奴隷」説がまったくのウソである証拠が記されている。

「反日」運動を激化させている抗日連合会は94年、サンノゼ近くのクパチーノ市で設立された。94年といえば、中国は江沢民時代で、中国共産党が本格的に反日宣伝を開始した年だ。

画像


抗日連合会は、在米中国人の組織で中国共産党との関係を表向きは否定しているが事実上、中国共産党中央宣伝部がコントロールしている。

日系3世ながら、一貫して「反日」行動を取ってきたマイク・ホンダ米下院議員を支持してきたのも抗日連合会である。

増大する中国系人口が、抗日連合会の基盤となるので日本政府は一刻も早く、中韓連合による国際宣伝工作を打ち破る態勢を立てるべきだろう。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
卑劣極まる中韓連合 倶楽部 へいちゃん 2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる