倶楽部 へいちゃん 2

アクセスカウンタ

zoom RSS 自国の固有の領土を正しく教えるのは当然のこと。

<<   作成日時 : 2014/01/29 19:28   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

こんばんは。

文部科学省が、中学校と高校の学習指導要領の解説書に、尖閣と竹島に関して、初めて「我が国固有の領土」と明記することにしたニュースに早くも韓国が噛みついてますね〜

画像


釣りで言うならまさに、「入れ食い状態」(爆)

文科省もいっそのこと、竹島は韓国が不法に占拠していると教科書に記述するべきだろう。

島根県だけに押し付けていた問題にやっと政府が重い腰を持ち上げてきた格好だな。

これまでの長い歳月にわたっている竹島問題だが、もっと積極的に国際司法裁判所に提訴したりしないのか。

相手国が出てこないのは相手国の都合であって日本側は粛々と何度でも提訴して然るべきではないだろうか。

また、過去、何故竹島を不法占拠されたまま円借款を供与したのかも今となっては理解しがたい。

韓国は竹島を占拠している(実効支配)のでもともとが韓国領だと錯覚をしてしまってるうえに、小中高と教育現場でも竹島を独島と称して自国領だと教育をしている。

三つ子の魂百までと言うが、これじゃ世代交代をした後も竹島にもつ領土意識は韓国領と言う事になる。

竹島や尖閣諸島の領有を日本が主張するなら、領有権の問題の定義を教えないといけないでしょう。

画像


日本は韓国から竹島を占拠されても抵抗すらしていないから中国も事実上尖閣を占拠できれば、自国のものにできると考えているのかもしれない。

頼りにしている同盟国の米国は、日本が尖閣を占有している事実は尊重したいと述べただけと言う点にも注意が必要ではないか。

もしもだ何らか手段で尖閣が中国が占有する状態になったとしたら、そのときには中国の占有を米国が認める可能性もない訳ではないと考えておかなくてはならない。

結局は、自国領は自国でしか守れないという結論に至るわけだ。

取られたら取り返すのはかなり難しくなる。

日本国民はそのあたりをもう少し真剣に考えてみないといけないだろう。




今知っておかなければならない領土問題の真実 尖閣・竹島を自国の領土と主張する中国・韓国の矛盾に迫る! (サクラムック) (単行本・ムック) / 笠倉出版社
CD&DVD NEOWING
★書籍商品の購入に関するご注意コチラ↓より、初回盤・特典の詳細、在庫情報・出荷状況をご確認ください。

楽天市場 by 今知っておかなければならない領土問題の真実 尖閣・竹島を自国の領土と主張する中国・韓国の矛盾に迫る! (サクラムック) (単行本・ムック) / 笠倉出版社 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
自国の固有の領土を正しく教えるのは当然のこと。 倶楽部 へいちゃん 2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる