倶楽部 へいちゃん 2

アクセスカウンタ

zoom RSS この事実を知っているか?

<<   作成日時 : 2014/01/06 16:32   >>

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

こんにちは。

2014年も始まったが、日韓関係に進展の見込みは皆無だ。

それはまぁ、それでもいいのだが今から書く内容をどれだけの人が知っているかだ。

韓国「50人に1人」が創価学会会員

画像


現在韓国SGI(創価学会インタナショナル)の会員数は約100万人で、海外会員175万5000人の半数以上を占める。いわば、日本に続く第2の拠点だ。

人気コメディアンのチョ・ヘリョンさんやK-POPグループ「2PM」のウヨンさんなど、著名人の会員も少なくない。

これだけでも危機感を覚えた人は正常だと言える。

創価学会=公明党と言うのは周知の事実で政教分離に違反している。

その公明党は与党なわけ。

ではどうして韓国で、「日本生まれの宗教」が受け入れられているのだろうか?

韓国では1960年代の初め、在日韓国人の会員などを通じて創価学会の信仰が広がり始めた。

しかし日本への反発から「倭色宗教」「歌う宗教」などとやり玉に挙がり、64年には「反国家的、反民族的な団体」として一時的に布教を禁止された。

そこからの「再起」の理由を、韓国の研究者は「教義が韓国人の考え方に合っていた」「一般信者も主体的に信仰へ参加できるスタイルが好まれた」などと分析する。

「10人中8人が『創価学会(SGI)』の名を知らないのに、その会員は100万人に達する」のはまさしく異常な状況ではないか。

創価学会の池田大作名誉会長が韓国を「文化大恩の国」「兄の国」と呼び、並々ならぬ思い入れがあることは一部では知られている。

特に「歴史認識」問題については、「どれだけ日本が貴国の人々に、非道のかぎりを尽くしたのか」と韓国人学者に語るなど、何度となく謝罪の言葉を繰り返すとともに、日本人が「正しい歴史認識」を持つことの重要さを説き、そして若い世代の民間交流の必要性を強く主張する。

戦前、ソウルでの生活経験があった父親や、戸田城聖・創価学会第2代会長などからの感化だというが、こうした姿勢が韓国の識者層に好意的に受け止められる要因となっていることは間違いない。

池田氏の年来の持論である在日韓国・朝鮮人への参政権付与にも、賛否両論は絶えない。

創価学会広報部の担当者は、「正しい歴史認識」が根本だと言っているが創価学会に正しい歴史認識ができるはずもない。

韓国で100万人もいる信者からのお布施で儲けているのだからね。

こんな輩がいるから日本がまとまらないし韓国の増長を止められないのではないか。。

創価学会及び公明党批判はいずれやろうと思っているが、こういった現実も知っていてもらわないと話にならないものね。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
驚いた
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
この事実を知っているか? 倶楽部 へいちゃん 2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる