倶楽部 へいちゃん 2

アクセスカウンタ

zoom RSS 韓国という国を擁護するメディアが理解できません。

<<   作成日時 : 2014/03/18 22:23   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

韓国日報は18日、ソウルで12日に開かれた日韓外務次官会談で、韓国側が

(1)従軍慰安婦問題をめぐる河野洋平官房長官談話などの継承

(2)同問題を扱う次官級協議の開催

(3)安倍首相の靖国神社参拝中断−の3条件を提示したと報じた。

日本の譲歩をさらに引き出すつもりのようだ。

画像


韓国は日本の出方を見極めて24日からオランダで開かれる核安全保障サミットの場での日韓、日米韓首脳会談への対応を検討しているもようだ。

こんばんは。

昨日書いたら案の定、韓国がさらなる首脳会談開催へのハードルを上げてきた。

条件闘争を仕掛けてきているのは間違いないところだ。

ここで更に譲歩してもまた次にあらたな条件を出してくるだけだろう。

こうなってしまったのはこれまでの政権が韓国に対して言うべき事を言わずお金で解決をしてきたからに他ならないからで、日本側の自業自得とも言えなくもない。

個人的にだが、韓国は日本に必要に価する国とは思えない。

これまでの日本外交の問題点をあらためていかないと未来永劫、日本は韓国にたかられ国民の血税を無駄に使っていく羽目になるだろう。

日韓首脳会談とは直接関係がない話だが、日本政府関係者が放った一言で韓国の政府関係者は凍りついた事にも触れておこう。

昨年、開かれた日韓両政府の非公式協議で日韓の外交・安全保障問題をテーマに北朝鮮情勢や集団的自衛権の行使容認などについて意見交換するために開かれた。

発言の意味は慰安婦をめぐる歴史問題や竹島(島根県隠岐の島町)の不法占拠などで、韓国に対する感情が最低レベルに落ち朝鮮半島有事になっても日本は韓国支援に動けない可能性があると示唆したのだ。

では、韓国支援に動けない(動かない)理由付けは何かって事になる。

日米安保条約に基づいて、米国は日本防衛の義務を負っている。

その米軍のために国内の基地を提供し、その使用を認めている。

ただし、これはあくまでも日本の防衛が目的だ。

米軍が日本国外で軍事行動するために国内の基地から航空機などが発進する場合には日米両政府の事前協議が必要となる。

日本側出席者の発言は、この事前協議において、国内から米軍が韓国来援に向おうとしても日本側は「ノー」ということもあり得るということを示したものだ。

韓国の国防政策にとって、米軍の来援は死活的な意味を持つ。

韓国にとって日本の国内基地から米軍が来援することが自国の安全保障の大前提となっているからだ。

日本政府が事前協議を米国に求めて、その場で「ノー」を言う可能性は限りなくゼロに近いが、一切タブー視されてきた日米両政府の事前協議に日本側が触れた点に大きな意味がある。

ここまで韓国が反日を推し進めて中国と手を繋ぐのなら政府がどんなに韓国支援に動こうとしても世論の強い支持がなければ、全面的な支援は難しいだろうな。

さて 韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領は、ここまで先読みをして条件闘争を繰り広げているのかどうか・・・



テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
韓国という国を擁護するメディアが理解できません。 倶楽部 へいちゃん 2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる