倶楽部 へいちゃん 2

アクセスカウンタ

zoom RSS 日本と戦争したがってる中国

<<   作成日時 : 2014/04/18 22:45   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

こんばんは。

いつもながらにテキサス親父のコメントは痛快だ^^

テキサス親父とは、トニー・マラーノ 評論家。

1949年生まれ。テキサス州在住のイタリア系米国人。

世界のあらゆる“悪”と戦う「プロパガンダ・バスター」でもある。

ご存じの方も多いと思うが、実にいいとこを常に突いた評論を展開している。

最新のコメントを添付させていただきました。

痛快!テキサス親父より。

ハ〜イ! 日本のみなさん。俺は、中国が日本と戦争をしたがっていると、ほぼ確信したぜ。

習近平国家主席(総書記)率いる共産党の幹部連中が、自分たちの赤いケツを守るために、日本にさまざまな難クセをつけている。許せないぜ!

以前から、中国は、沖縄県・尖閣諸島周辺海域に艦船を侵入させていたが、昨年1月には、中国海軍が自衛隊艦船に射撃用レーダーを照射して挑発し、同11月には東シナ海に一方的に防空識別圏を設定した。

「ここは中国の空だ。俺たちの許可を得て飛行しろ。勝手に飛べば撃ち落とすぞ」と恫喝してきたわけだ。

まあ、他の国でも無許可の飛行機が領空侵犯すれば「敵機」として撃墜する可能性はあるが、領空とはるか外側にある防空識別圏は違う。

加えて、中国は防空識別圏に日本領土である尖閣の上空を加えた。

もし、米国の領空に他国が防空識別圏を設定したら、宣戦布告と判断するだろうな。

それだけじゃない。

ヘーゲル米国防長官が先週訪中した際、「日中間の係争において米国は日本を守る」と発言したところ、常万全国防相は「中国は領土を守る必要があれば、武力を使用する準備はできている。

戦えば勝つ」と言い返しやがった。

習主席に近い人民解放軍の羅援少将も昨年、香港のテレビ番組に出演して、「釣魚島(日本名・尖閣諸島)を軍事演習区とし、ミサイル実験を行う」と発言したという。

これだけ好戦的な言動を繰り返しながら、日本について「軍国主義復活だ」などと批判するなんて、頭は大丈夫か?

中国共産党や人民解放軍の連中が、日本を挑発している理由はハッキリしている。

中国経済が破綻寸前なうえ、環境破壊はひどく、党や軍の腐敗は深刻で、13億人を超える人民の不満が自分たちに向かいかねないからだ。

北京への批判を東京に向けようとしている。こんな卑劣なヤツらはいないぜ。

国内でテロ事件が起きると、中国当局は「ウイグル族過激派の犯行だ」と発表しているが、犯人が捕まる前に何で分かるんだ?

新疆ウイグル自治区は、中国が東トルキスタンを侵略して、立ち上げた。

このため、ウイグル族は「警察や軍に対するレジスタンス(抵抗運動)しかしない。

民間人へのテロは別だ」という指摘もある。

ともかく、日本は信頼できる同盟国だが、中国のアカの連中は信用できない。

日本の政党や役所、メディアなどに浸透している、中国の手先にも気をつけてくれ。

親愛なるみなさんと貴国に神の祝福がありますように。

米国に神のご加護がありますように。来週25日から日本に行く。

講演会などで会えることを楽しみにしている。

では、また会おう!

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
日本と戦争したがってる中国 倶楽部 へいちゃん 2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる