倶楽部 へいちゃん 2

アクセスカウンタ

zoom RSS 時代と生きる意味

<<   作成日時 : 2014/06/21 21:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

世間では、「河野談話」と竹島での韓国軍の軍事演習関係で賑わってますね〜。

悪いことをしたら謝る、いい事をしたら褒める。

間違いは素直に認めて訂正をする。

自己の発言に責任を持つ。

たしか小学校くらいの時に、そう教わった記憶がある。

今は亡き両親から言われたたことは、「泥棒だけは絶対にするな」だった。

むかし、学校の先生は「聖職」と言われ、政治家は「清貧であれ」と言われていたが、現代に至ってはどっちも死滅した。

先生はサラリーマンになり、政治家は私利私欲に走り財を成す。

貧乏くじを引かされるのはいつも国民になってしまっている。

僕はよく「老害」と言うことばを政治家に使う。

なにも若い政治家がいいと言っているのではない。

保守を謳う政治家がなぜに赤旗とかで現政権を批判をするのか。

古賀、加藤、なんて居てもいなくても日本は動く。

単に邪魔なだけで、もと国会議員で役職についていただけに発言の内容が世界に配信される。

それこそ昔と今では情報の伝達速度が、機関車とリニアモーターほども違うって事が理解できていない。

100歩譲って、日本に帰化したなら日本人としての恩恵を受けて生きてきたわけで、年老いて売国奴的な発言や行動はするべきではないと思うけどいかがか。

色々な方のブログも拝読しているわけだが、だいたいが自分の立ち位置からみての右、左、を論じている。

自分の立ち位置を決める要素はなにだろう。

言論の自由が保障されている民主主義国家だから、発言は自由だ。

だが、国益に関わる話となると、元議員の肩書はいまでも重要視されるのが問題ではないだろうか。

政界を引退した人は、静かにしておくのが変な問題を起こさないと思うけどね。

河野洋平、鳩山、村山など、反日を扇動している国で日本を批判する。

これが問題視されない現在の機構にも問題ありだと思う。

偏向報道を生きがいにしているとしか思えない新聞社もある。

これ以上国内の不安定化を企てる輩は、公安が引っ張っていくべきだろう。個人的な考えだがねw

韓国、中国との関係は日本が頭を下げたから良くなっていくような問題でもない。

韓国の次官が渡米したようだが、米国に言う内容は想像がつく。

米国を100パーセント信じていると日本はなくなるんじゃないか。

集団的自衛権もしかり、国防について、自国は自分たちで守ると言う意識を植え付けていかないと、日本は単にアジアの防波堤の役目でおわる。

お花畑の花も、年中満開では困る時期に来ているのだ。

早く一人でも多くの日本人が現実を直視して対応策を真剣に考えるじだいにはいっているんだよ。。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
時代と生きる意味 倶楽部 へいちゃん 2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる