倶楽部 へいちゃん 2

アクセスカウンタ

zoom RSS クリプトスポリジウム等原虫類による病原菌

<<   作成日時 : 2014/06/23 23:36   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

livedoorの記事でみたんだけど、寄生虫で学年閉鎖って・・・

東京・府中市の小学校で、5年生の児童80人以上が吐き気や下痢の症状を訴え、学年閉鎖となっている問題で、児童の検便から病原性微生物が検出されたことが分かった。

この問題は、府中市立府中第三小学校の5年生の児童が1週間以上にわたって吐き気や下痢の症状を訴え、学年閉鎖となっているもの。

都の保健所が、提出を受けた検便を調べたところ、児童25人の検便から、家畜などの消化管に寄生している寄生虫の一種「クリプトスポリジウム」が検出されたという。

今は、「検便」とかやってないのかな?

この季節は食中毒にも気を付けないといけないしね。

クリプトスポリジウムとは?

特徴

胞子虫類のコクシジウム目に属する寄生性原虫で、環境中ではオーシストと呼ばれる嚢包体の形(大きさは4〜6μm)で存在し、増殖はしませんが、ヒト、ウシ、ネコ等多種類の動物に経口的に摂取されると、消化管の細胞に寄生して増殖し、そこで形成されたオーシストが糞便とともに体外に排出され感染源となります。

画像


オーシストは熱や乾燥には弱いのですが、塩素に対して極めて強い耐性があるため、水道水中に混入した場合、集団感染を引き起こす恐れがあります。

クリプトスポリジウム感染経路  

患者便からの糞口感染のほか、オーシストに汚染された水や食品の摂取による経口感染がみられます。

また、ウシ、イヌ、ネコ、ネズミなどにも感染がみられ、感染源となります。

症状  

激しい下痢(主として水様性)、腹痛、嘔吐、微熱などの症状が7〜14日間程度持続します。

感染しても症状が出ない場合もありますが、感染者の糞便からは、数週間オーシストの排出が続きます。

潜伏期間  

4〜10日間

治療  

有効な治療薬はまだなく、対症療法となります。健常者は多くの場合2週間ぐらいで自然治癒します。

しかし、免疫不全患者の感染では重症となり、死亡例も報告されていますので、注意が必要です。

対策  個人の場合

経口感染等の予防として、手洗いを行う。

また、生水を飲まない。(オーシストは熱に弱いので、煮沸した水を使用するように心がける)

膜ろ過方式の家庭用浄水器だと除去効果が望める。

水道事業体の場合

強い塩素耐性を持つため、消毒効果は望めないので、ろ過による物理的な除去を行う。

汚染のおそれがある場合には、浄水処理の徹底(例;膜ろ過法や急速ろ過法等により、水道水の濁度を0.1度以下に維持する)、取水口の移設、あるいは汚水処理施設等の排水口の移設等の対策を図る。






テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
クリプトスポリジウム等原虫類による病原菌 倶楽部 へいちゃん 2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる