倶楽部 へいちゃん 2

アクセスカウンタ

zoom RSS 力の横暴に、話し合いが通用するわけないでしょう。

<<   作成日時 : 2014/06/11 18:48   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

中国の発言をまともに信用してはならないのは、世界共通の事だ。

中華思想を捨てない限り、中国は地球の癌でありつづける。

経済失速や官僚腐敗、テロ事件、権力闘争などが直撃する習近平国家主席は、新たな中越戦争で体制維持を図るつもりなのだろう、


画像


中国人民解放軍の極秘写真 立ち並ぶミサイル群

中国のいう所の平和的な発展は中国が近代化と「富民強国(国民を豊かにし国力を強める)」を実現し、世界の文明的な発展に大きく貢献する戦略的選択である。

中国は終始変わらず平和的発展の道を歩んでおり、自国の平和的発展を確実に実践すると同時に、世界の平和を保つことに力を注ぎ、各国とともに発展し繁栄することを積極的に促進している。

21世紀に入り、第2の10年と中国共産党成立90周年を迎えるにあたり、中国はまた世界に向けておごそかに宣言する。

平和的発展は、中国が現代化と富民強国を実現し、世界文明の進歩に大きく貢献をするために選んだ道である。

中国は意志を曲げることなくこの平和的発展の道を進んでいく。

中国官製メディア「銃弾を使うことも正当な権利」と主張。

「中朝国境に相当の人民解放軍が集結し、空軍も待機しているとの情報がある。79年の中越戦争直前と酷似している。

習主席は、異常な国内情勢のなか、国民の関心を外に向けるしかなくなっている。

沖縄県・尖閣諸島は日本も米国も引かないため、ベトナムが選ばれたのだろう。自作自演を含め、ベトナムで中国人が被害に遭うなど、開戦のきっかけを待っている。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
力の横暴に、話し合いが通用するわけないでしょう。 倶楽部 へいちゃん 2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる