倶楽部 へいちゃん 2

アクセスカウンタ

zoom RSS 2880年3月16日という恐怖の“Xデー”が発表

<<   作成日時 : 2014/08/17 21:31   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今から10年以上前に、「2880年に地球に最接近し、最悪の場合は隕石として落下する可能性が0.3%ある」と指摘されていた、直径約1kmの小惑星“1950DA”。

画像


1950年に存在が確認され、2000年に米・アリゾナ州のローウェル天文台がその軌道を突き止めていた。

確率0.3%とは極めてわずかといった印象があるが、天文学上の計算における0.3%は決して侮れない。

こんばんは。

とっても気になります・・・まぁ僕自身は生きてはいないのですが(^^;)

隕石の衝突よりも早くに世界戦争が起きて人類滅亡って可能性もないわけではないし。

よく「学習能力がないのか?」って言う人いますが、今のキナ臭い世界情勢をみると、人間はどうやら学習能力に欠けているのではないかと思ってしまいますね。

地球のいかなる場所においても紛争や戦争がなかった期間てあるんだろうか・・・?

キナ臭いご時世だからだろうか、今年はTVや無料放送GyaO¡でやけに戦争ものの映画配信が多い。

それよりも、朝日新聞と、河野洋平を早く糾弾してもらいたいものだ。。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
2880年3月16日という恐怖の“Xデー”が発表 倶楽部 へいちゃん 2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる