倶楽部 へいちゃん 2

アクセスカウンタ

zoom RSS エステサロン

<<   作成日時 : 2014/09/20 22:22   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

少し前に、たかの友梨の発言が問題視されていたのは記憶に新しいところ。

その顛末が載っていたので関連した事をかんがえてみましょう。

日本エステティック機構は9月18日、「たかの友梨ビューティクリニック」を運営する不二ビューティの3サロンについて、同機構の「エステティックサロン認証」を取り消すと発表した。

このニュースに関しての詳しい事は、各自でググっていただきたい。

どうしてこういう結果になったのか?

あくまで個人的な見解なのであしからず。

僕は、「慢心」がもたらせた結果だと思っている。

慢心のいちばん恐ろしいところは、いわゆる「自覚症状」といったようなものが一切無いことである。

画像


自覚症状がないといのは、病気でも悪性のものが多い事からも想像ができる。

何かの悪い身体の病気のように、それは音もなく忍び寄り、あなたの中に巣食って、気がついたときにはもう手遅れという状態にまでなってしまう。

慢心のおかげで、夢にも思っていなかったようなことが起きてしまうのである。

「卑屈」とか「ネガティブ」とか「自己嫌悪」といった状態も危険だと思うけれども、「慢心」とか「傲慢さ」とか「自己陶酔」といったものも非常に危険なものではないだろうか。

「慢心」や「ナルシシズム」といったようなものは、その人の人生を狂わせるたいへん危険なものだと知っておきましょう。

慢心やナルシシズムは、冷静な判断能力を狂わせ、識別眼を先を見通す力を損なわせる。

たかの友梨の発言の一連の発言の心底はここにあったのではないだろうか?

豚もおだてりゃ木に登るなんて、台詞があるが、たかの友梨は、その典型だろう。

従業員をあたかも奴隷のごとく扱い、労働基準法なんて怖くないぞ言っていたくらいだから。

この問題が、公になったのは、従業員が高野友梨社長から長時間に渡る詰問を受けたとして、厚生労働省に公益通報者保護の申し立てを行なったから発覚した。

録音もされているが、「労働法規の無知」を、たかの友梨自ら露呈したけっかとなった。


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
エステサロン 倶楽部 へいちゃん 2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる