倶楽部 へいちゃん 2

アクセスカウンタ

zoom RSS 一連の朝日新聞報道に隠れた売国奴達

<<   作成日時 : 2014/09/13 11:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

久々にお天気の週末を迎えました^^

朝は秋らしい冷え込みと澄んだ空気が気持ちよかったです。

先日の朝日社長の会見にはがっかりしたと同時にあらたに腹が立ってしまいました。

画像


こんなアホどもが日本中、在外日本人を苦しめてきたのかと思うと、虚脱感に襲われましたね。

朝日叩きもおおいに結構なこと、当然ながら犯した誤報、捏造記事にたいして責任を負わなければなりません。

それは今から始まるわけですが(始まるだろうと希望的観測)。

しかし、「クマラスワミ報告」もしくは「クマラスワミ報告書」と呼ばれる日本における慰安婦問題に関する議論ではなんの進展もありません。

クマラスワミ報告(クマラスワミほうこく)とは1996年1月から2月にかけて国連人権委員会に報告された「女性への暴力特別報告」に関する報告書 。

スリランカ人の特別報告官ラディカ・クマーラスワーミー(英語版)(現・国際連合総務) の名前をとって、特に同年1月4日に提出された日本の慰安婦について論じた附属文書1「戦時における軍事的性奴隷制問題に関する朝鮮民主主義人民共和国、大韓民国および日本への訪問調査に基づく報告書」のことです。

これは、1990年初期に始まった元「慰安婦」の個人補償請求運動が、被害者の主張に賛同する国際世論を導きだしJCL、ILO、ICPO-INTERPOL、WCCなどの支持と協力を得て展開された。

国連での活動は1992年頃から主に国連人権委員会小委員会を足場にして行われ様々な報告と決議がされてきたのですが、これに日本の弁護士が大きく関与していました。

日本弁護士連合会(日弁連)は1992年に戸塚悦朗弁護士を海外調査特別委員に任命。

海外の運動団体と連携し、国連へのロビー活動を開始し、同1992年2月、戸塚弁護士はNGO国際教育開発(IED)代表として、朝鮮人強制連行問題と「従軍慰安婦」問題を国連人権委員会に提起し、「日本軍従軍慰安婦」を「性奴隷」として国際社会が認識するよう活動をやってきました。

日本弁護士連合会による国連ロビー活動について当時日弁連会長だった土屋公献も日弁連が国連において慰安婦を「性的奴隷(Sex Slaves またはSexual Slavery)」 として扱い、国連から日本政府に補償をおこなうように働きかけたと言明しているのだ。


まさに日本人による日本人の貶めの行為をやっていたのです。

その結果、その結果、1993年6月のウィーンの世界人権会議において「性的奴隷制」が初めて「国連の用語」として採用され、1996年のクマラスワミ報告書では「軍隊性奴隷制(military sexual slavery)」と明記されるに至ったわけです。

主報告書である女性への暴力に関する特別報告書(に先立って、1996年1月4日、(付属文書1「戦時における軍事的性奴隷制問題に関する朝鮮民主主義人民共和国、大韓民国および日本への訪問調査に基づく報告書」)が人権委員会(国連人権理事会)に提出された。

この文書の基礎資料となっているものは、第二次世界大戦終了時の米軍による「慰安婦」等への聞き取り調査、ヒッグスの書籍、吉田証言、そしてクマラスワミ自身による韓国、朝鮮人民民主主義共和国、日本などの政府関係者、「慰安婦」本人へのヒアリングである。

本報告書においては創作、偽証であると判明している吉田清治の『私の戦争犯罪』(1983年)中の慰安婦の強制連行を事実であるとし採用している。

慰安婦を「性奴隷」とし、日本に謝罪や賠償を勧告する1996(平成8)の国連報告書を作成した、あのクマラスワミ氏である。

朝日が故吉田清治氏の記事を取り消したのを受けて共同通信がインタビューしたが、インタビューに答えたク氏は、「(報告書の内容について)修正は必要ない」「(吉田証言は)証拠の一つにすぎない」といってのけた。

報告は吉田証言だけでなく元慰安婦への聞き取りをもとにしている、とク氏主張しているのだが、その聞き取りも信頼性に乏しいこと、報告自体が極めていい加減なものであることがわかった今でもこの報告書の訂正や謝罪は無い。

いかに朝日新聞や、極左思考の弁護士が日本を世界の笑いものにしたのか理解できるだろう。

信用を得るにはコツコツとした努力と忍耐が必要だが、そうして築いてきた民族の誇りまでも、こやつ等は一瞬にして台無しにしたばかりか、世界中に観念を植え付けてきたのです。

朝日新聞をたたくと同時に、国連の人権委員会にも、朝日新聞は語法、捏造の取り消しと、クマラスワミ報告の全面撤回を要請していかないといけないだろう。

朝日新聞が考えているよりも、慰安婦問題、強制連行等の誤解は国際社会に浸透しているのである。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
一連の朝日新聞報道に隠れた売国奴達 倶楽部 へいちゃん 2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる