倶楽部 へいちゃん 2

アクセスカウンタ

zoom RSS 狂喜の300馬力。

<<   作成日時 : 2014/10/25 23:12   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

タイトルの「300馬力」って、4輪の話じゃないんです><

これ、市販のバイクのパワーなんですよ。

カワサキが発表した新型スーパーバイクは、300馬力。

僕の免許でも乗れますが(^^;)

この出力を可能にしたのは、川崎重工でガスタービンやジェットエンジンをつくる部署が担当した、専用設計のスーパーチャージャーだ。

300馬力のモーターサイクルを必要とする人はいない。

本気で欲しがる人間がいるかどうかも疑わしい。

だが、カワサキがそんなバイクの創造に挑戦し、「ニンジャH2R」をつくり上げたのだ。

画像

画像


このH2Rはサーキット走行専用モデル。この過激さをほぼそのまま継承するというストリートモデル(ニンジャH2)は、2014年11月に発表予定。

価格、性能仕様などの詳細を公表していない。

この恐ろしいほど常軌を逸した(あるいは、常軌を逸して恐ろしい)ルックスのバイクは、市販車としては地球上で最もパワフルで、エンジンには現代の量産車ではあまり例のないスーパーチャージャーを備えている。

スーパーチャージャーの設計は、カワサキ(川崎重工)の一部門で、ジェットエンジンの製造を主な業務としている部署が受け持った。

パワーユニットは、鋼管トレリスフレームに抱えられた998ccの直列4気筒。

画像


300馬力が車軸出力なのか、クランク軸出力なのかは、もはやどうでもいいだろう。

300馬力という出力は、これまで二輪界の王者だった「BMW S1000RR」より馬100頭分以上も強力で、ダニ・ペドロサやヴァレンティノ・ロッシが駆るロードレース世界選手権MotoGPクラスのレーシングバイクのパワーをも上回る。

画像


H2Rという車名は、カワサキが1972年に発売し、クレイジーな加速で名を馳せた2ストローク3気筒の「H2マッハIV(750SS)」を思い起こさせるものだと解説があったが、マッハ750も500も乗ったことがあります。

欲しい虫が騒ぐ一台のマシンだな。。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
狂喜の300馬力。 倶楽部 へいちゃん 2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる