倶楽部 へいちゃん 2

アクセスカウンタ

zoom RSS 韓国人よ、己が歴史を直視せよ。

<<   作成日時 : 2014/12/27 20:07   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

こんばんは。

今年も残り4日。

早いですね〜・・・歳をとると1年が速くなると聞いていましたが、まさに痛感します(^^;

2014年は大きな出来事もたくさんあった訳ですが、いっこうに進展しない韓国と日本の関係。

個人的には、このまま先細りで消滅でいいんですけどね(笑)

特に目立ってきたのは、韓国の一方的な「日本強奪史観」でしょうか。

バ韓国と呼ばれても、いたしかたがない。

なすりつけ、たかり、がまかり通る韓国だから。


2年くらい前に起きた仏像の窃盗事件、今年の窃盗未遂事件と、すべて韓国のものだと言う理論から始まってます。

韓国メディアや反日市民団体が主張してやまない文化財の「日本収奪論」は、日本による朝鮮半島の統治(1910〜45年)や倭寇(14〜16世紀)を根拠とした思い込みにほかならない。

盗難仏像の話に戻るが、対馬は、特に李氏朝鮮時代(1392〜1910年)の一定期間、日本本土と朝鮮半島を結ぶ貿易の拠点であった。

この時代に朝鮮半島では、儒教を国教としたため排仏運動が盛んとなり、仏教は激しく弾圧された史実がある。

仏教が栄えた高麗時代から李氏朝鮮時代に移り、全土に1万以上あったとされる寺院の仏教弾圧は止まず、中宗(チュンジョン・1506〜44年)は即位の翌年に仏像を破壊させ、朝鮮半島の仏教は絶滅の危機にさらされた。

画像


事実、仏教は朝鮮半島(百済)を経由して日本に伝わったといわれているが、韓国人は歴史を学ばないらしい。

仏像は「仏様」であり、「ありがたい」「手を合わせたい」という拝みの対象である。

日本人の仏像への思いは、「悪いことをすれば罰が当たる」という“罰”だ。

仏様を盗むなどということは日本人の感覚からすれば、到底“罰当たり”で、むしろ恐ろしくてできない。

日本は1965年の日韓基本条約に従い、約1320点の文化財(正式な売買で日本に渡った物も含む)を韓国に引き渡しており、問題は解決済みだ。

では、李氏朝鮮時代(1392〜1910年)李朝では代を重ねるごとに、儒教による仏教に対する締めつけが、いっそう強められるようになった。

儒教という怪物が時とともに大きく成長してゆき、儒教唯 一絶対主義といわれる体制が固まっていった。

仏教は目の敵とされた。


儒教は、個人が自らを磨くことによって完成することを目指したので、宗教を軽蔑した。

仏教の輪廻の教えは、根拠がなく、天国や地獄は、人々の利己心や恐怖 心から生まれた空想の産物であるとみなした。

九代目の成宗(在位1469年〜94年)は、出家することを全面的に禁じた。

画像


李朝時代は、そのまま仏教を苛めた歴史であるといってよい。

十一代目の中宗(在位1506年〜44年)は、全国にわたって仏像を没収して、溶かしたうえで 武器に鋳造した。

また僧侶を土木工事に使うようになった。僧侶は使役されるとき以外は、漢城(ソウル)に出入りを禁じられるようになった。

仏教は、山のな かに逃げ込んで細々と命脈を保った。僧侶は、奴婢と同じ賤民の範疇に組み入れられた。

こういった歴史を学ばずに、日本にある朝鮮半島渡来の文化財のほとんど(全て)は、過去に日本が略奪、盗み奪ったもの」という主張が韓国では“常識化”している。

この歴史の事実に向き合わずして、なんでも日本が略奪したと言い張る韓国人に明るい未来は無い。。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
韓国人よ、己が歴史を直視せよ。 倶楽部 へいちゃん 2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる