倶楽部 へいちゃん 2

アクセスカウンタ

zoom RSS 世界にばらまかなきゃいけません。。

<<   作成日時 : 2015/03/21 22:44   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

こんばんは。

また、真実の記録が出てきましたね(笑)

もう「馬韓国」はどういう言い訳や、こじ付けを考えているのかと想像したら顔がにやける。

李氏朝鮮の宗主国だった明の役人が日本の地理についてまとめた「日本図纂(さん)」(1561年)に、韓国領の鬱陵島(ウルルンド)が日本領として記載されていることが、島根県竹島問題研究会の調査で分かった。

韓国が不法占拠を続ける竹島(隠岐の島町)は、鬱陵島より日本側にあることから、同研究会は「明は竹島も日本領として認識していた可能性が高い」としている。

画像


同研究会によると、日本図纂は倭寇(わこう)対策などの一環として、地理学者でもあった明の役人が 編集した。掲載された地図には、当時は「竹島」と呼ばれていた鬱陵島が、「因幡」と「伯岐(伯耆)」 (いずれも現在の鳥取県)の北の日本海に記載されている。

一方、同じ役人が1562年頃に李氏朝鮮の地理をまとめた「朝鮮図説」には、朝鮮半島の周囲に済州島や珍島などの記載はあるが、鬱陵島はない。

日本図纂の地図では、鬱陵島の西側に「隠岐」が描かれており、実際の位置関係とは異なる。

当時は鳥取の住民らが鬱陵島に渡航していたこともあって、因幡や伯耆の近くに鬱陵島を描いたのではないか、と同研究会はみている。

鬱陵島について、韓国側は512年に新羅に編入され、竹島とともに領土になった、と主張している。

1696年、江戸幕府は鬱陵島への渡航禁止令を出したが、それ以前は、幕府が鳥取藩主に鬱陵島への渡航を認めていた。(寺田航)

では、韓国が竹島を韓国領にねつ造した順番を簡単に説明。

画像


島根県、隠岐郡、五箇村、竹島と書かれた柱に韓国の旗をくくりつける。

画像


日本領土だと書いてあるものを抜き取る。

画像


韓国領土のものだと主張する石碑を設置。

こうやって、韓国は竹島を遥か昔から自国領だという設定に無理やりしたんですね。

幼稚な方法で。

ほかにも、竹島近海で漁をしていた漁師さん達を多数拿捕したりと、やりたい放題やってきたわけです。

どんどん、韓国の嘘がばれていきますね。当然です(笑)

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
世界にばらまかなきゃいけません。。 倶楽部 へいちゃん 2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる