倶楽部 へいちゃん 2

アクセスカウンタ

zoom RSS 侮日(ぶにち)

<<   作成日時 : 2015/05/09 19:47   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

こんばんは。

不安定な天気の土曜日になりました><

反日教育という言葉は聞きなれて、またかよって感じですが、「侮日」となると、どんな内容だろうって考えちゃいますよね。

侮日(ぶにち)とは日本あるいは日本人を侮った感情。

中国では、日本あるいは日本人を侮辱、蔑視する言葉として、小日本、日本鬼子などが使われる。

韓国では、日本あるいは日本人を、チョッパリ、ウェノム、倭奴、倭人、倭と呼んだり、また、天皇を日王と呼んだりする。

「侮日観」の由来は、中華帝国周辺の諸民族を、文明の遅れた野蛮で侵略的な夷族と蔑視する古代以来の中華主義にあります。

朝鮮半島は長らく中華帝国の属国としてあり、最後の王朝である李氏朝鮮は、自らこそ中華主義を正しく継承する唯一の国であると誇ってきました。

韓国の「侮日観」はこの李氏朝鮮時代500年の間に根付いたものです。

反日・侮日教育の根底にあるのは、日本統治時代を悪く言うことで、相対的に現在の朝鮮政府が いかに素晴らしいかを強調するネガティブキャンペーンなのだ。

「日本が悪い」ということにしないと、国を衰退させた無能な指導者たちは、後々殺されてしまう現実があることも忘れてはならないだろう。



この映像は2010年のものだが、現在に至っても「侮日教育」は、なんら変わっていない。

こういった嘘を幼少期から刷り込まれるのだから、まともに日本人や日本国を評価ができるはずはない。

若者までが日本人を侮辱して悪びれないのは、反日教育がその実、侮日教育になっているからです。

画像


韓国は古代に、文明のない野蛮な夷族としてあった日本に、文字や仏教や先端技術を教えて上げた、しかし日本はそうした我が先祖の恩を忘れて韓国を植民地とした、日本人はいまだにそうした野蛮で侵略的な民族的資質を反省して直そうとすることがない、というのが反日教育の核にある歴史認識です。

明治四十三年(一九一〇年)、日本と韓国は合邦しました。

これを日本による韓国の「植民地化」ととらえる考え方があり、むしろ、それが一般的な風潮となっています。

もちろん、韓国や北朝鮮は政治的な利害からそう主張している。

たとえば、英語の文献では、日韓合邦のことを「アネクセイション」(annexation)と表現しています。

これは「植民地化」を意味する「コロナイゼーション」(colonization)とはイメージがまったく違うのです。

歴史を公平に客観的に見るには、言葉が当時どのように使われていたかを知ることも重要です。

また、この事実を知っていますか?

日本との合邦後、朝鮮半島ではいかに経済が発展し、安定したかというようなことも縷々述べられています。

「朝鮮を治めるのは日本の責任であると東京の政府は考え、朝鮮王家は、高い名誉と潤沢な経済支援を受けることになった」と記されているのは、朝鮮の李王家に対する日本の丁重な遇し方のことです。

日本の皇族に準ずる待遇をし、李垠皇太子のもとには梨本宮家の方子女王が嫁いでいます。

侵略によって征服された「植民地」の王家であれば、本国の王家と婚姻を結ぶなど、ありえない話です。


朝鮮王でシナの皇族の娘を妻とした例はありません。

それまでの朝鮮半島は清国に支配されていました。

朝鮮は明に建ててもらった国ですから、明が清に滅ぼされたとき、義理立てして抵抗したものだから、清に徹底的にやられてしまった。

清の属国だった時代が記憶に残っている人の話を聞かないと、その酷さは理解しがたいでしょうね。

日韓合邦によって「自分たちは日本人だ」と言えるようになった。

創始改名運動が起こり、日本人名になると、数千年間つねに頭を押さえつけられていた満洲人やシナ人に対して大いばりできたのです。

それからは、いっさい朝鮮人の反乱がなくなりました。

「日韓同祖論」が流行り、朝鮮の中学は修学旅行で伊勢神宮に参拝するようにもなった。

戦争のときは志願兵も多かったし、朝鮮人の特攻隊員も数多くいました。


こういった歴史の真実を教えない限り、「侮日」「反日」の根を断つことは難しいでしょう。

日韓国交正常化50周年の年が、国交断絶の年になる可能性は、どんどん高まっています。。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
侮日(ぶにち) 倶楽部 へいちゃん 2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる