倶楽部 へいちゃん 2

アクセスカウンタ

zoom RSS 気になる人って多いでしょう。

<<   作成日時 : 2015/05/19 20:06   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

こんばんは。

「ストレスで白髪が増える」は本当?白髪に治療薬はあるのか?

どう思いますか?

もの凄い恐怖から一夜にして白髪になったなんて話は聞いたことがある。本当かどうかは定かではないけど。

金色、褐色、黒、グレー…人間の毛の色は人種によってさまざまだが、これらの色はメラニン色素によって決まる。

さらに白髪が増える時期は人種や個人により違いがあるが、加齢とともに白髪になることは共通している。

白髪化はメラニン色素を作るメラノサイト(色素細胞)の機能の低下や消失により、毛からメラニン色素が消えていくために起こる現象だ。

画像


そもそも髪の毛は、すでに死んでしまっている細胞からできているので、精神的なショックなどの影響で一夜にして白髪になるなどということはないですし、ストレスなどによって白髪化が進むということもないそうです。

ええぇ〜髪の毛ってすでに死んだ細胞なのか・・・

そうだとすれば、キューティクルとか髪の毛のお手入れって無駄なようなきがしないでもないんだけど(((o(*゚▽゚*)o)))

また、抜け毛や白髪が気になり始める時期は30代後半以降が多く、仕事や家庭においてもストレスを感じやすい時期と重なる傾向にあります。

そのため、髪の毛とストレスが関連した神話が生まれたのだと考えられますだって。神話なのかw

白髪に治療薬はないと断言したうえで、白髪を食い止めるにはメラノサイト(色素細胞)の働きを良くすることが重要という。

白髪防止の具体策は「色素合成に必要な銅や鉄分を取り入れた、バランスの良い食事と十分な睡眠が不可欠だそうです。

白髪が気になり始めた(平均)年齢は男性37.4歳、女性38.3歳。

「白髪」がある人は男女合わせて全体の72.6%。白髪があると認識している人のうち「白髪染め」をする、しないの比率は、男性は1:4、女性は2:1。

「白髪染め実施者」は男性よりも女性のほうが圧倒的に割合が高く、男性の3.3倍という結果になってます。

「白髪はあるが、白髪染めはしていない」人のうち、男性は「自然体でいたい」「白髪を気にしない」など、ポジティブな理由で「白髪染め」をやらないのに対し、女性は「面倒だから」「頭皮や髪に悪そうだから」が上位にあがった。

白髪染めのトレンド

黒く染めて白髪を隠す染髪料が主流だが、白髪染め用染髪料「メンズビゲングレーヘア」は淡いグレーと少し濃いグレーがあり、これが今のトレンドらしい・・・

髪は「なが〜い友達」ってCMが昔あったけど、髪の毛ってあるのと無いのとではイメージかわるもんね〜。。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
気になる人って多いでしょう。 倶楽部 へいちゃん 2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる