倶楽部 へいちゃん 2

アクセスカウンタ

zoom RSS 歴代総理の中で・・・

<<   作成日時 : 2015/07/15 23:24   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

こんばんは。

今日はにほんにとって重要な岐路だった。

衆院平和安全法制特別委員会での採決があったからだ。

クズ同然の野党の質疑は、揚げ足をとり時間稼ぎにしか見えなかったのは僕だけではないだろう。

余りにも稚拙すぎる。

今日の特別委で安部総理は次のように語った。

「国民の声に耳を傾けながら、同時に国民の生命と幸せな生活を守り抜いていく責任を負っている。私たちの使命は何かを黙考しながら進めていく」

確かに、世論調査で支持が高い政策にばかり取り組んでいれば国民受けはいいかもしれないが、それだけでは日本の安全は守ることなどできはしない。

目先の、当落だけしか頭にない議員との大きな違いだし、一国の総理たる王道の考えだと思う。

「戦争法案、反対」と叫ぶのもいいが、そもそも「戦争法案」など、でていない。

画像


なんとかレッテルを貼り、集団的自衛権の意味を誤解させようと考えたのだろう。

こうやって、論理のすり替えをして、国民を混乱に招いたのは主に、民主党だろう。

正々堂々と民主党も「集団的自衛権」の論争をしていたらどうだっただろう。

論理のすり替えでは、国民は騙されない。

採決時に民主党議員がプラカードを掲げて抗議をしていたが、そのプラカードが国会前でデモをやっていた連中と同じものというのも不自然だった。

プロ市民や共産党員が一緒になってやっていた事を議会内でもやったわけだ。

信念のない野党は、いなくても同じ。税金を出してるだけで無駄以外の何者でもないように思える。

姑息な手段を使わずに、論戦で与党に勝つ野党になっていただきたいものです。。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
歴代総理の中で・・・ 倶楽部 へいちゃん 2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる