倶楽部 へいちゃん 2

アクセスカウンタ

zoom RSS 火病は民族性だ。

<<   作成日時 : 2015/10/12 18:52   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

こんばんは。

3連休もアッという間に終わりました(笑)

徳島県北部の山々はまだ紅葉には程遠く、紅葉鑑賞はまだ先になりそうです。

怒りを抑えられない韓国人 李智恵(イ・ジヘ)保健専門記者

画像


怒りによって完全に自分自身を見失うのではなく、自分の怒りをうまく表現できれば、新たな人生が切り開かれるといっても過言ではない。

知恵深くスマートに怒りを抑えることさえできれば、家庭や職場における不和はほぼ解消できるからだ。

怒りはそのほとんどが「自分は正しいのに、なぜ自分が損をするのか」という不満から出てくる。

つまり「間違った言動を取った相手が変われば全てが解決するのに、相手は絶対に変わろうとしない」という一方的な考えにとらわれているのだ。

しかしこのように責任の所在ばかりを自分勝手に突き詰めても、対立や不満の解消や相手との関係改善には何のプラスにもならない。

このことを理解することが、怒りを和らげる最初のステップになる。

怒りを抑えられないときは、まずその場から離れなければならない。

怒りによる急性のストレス反応が原因で心臓の拍動が大きくなって息苦しくなり、全身の血液が筋肉に集まって硬直するようなこともあるだろう。

そのような場合、何か特別な対策を取るよりも、まずはその場を離れることが最も良い方法だ。

それができれば、その次は自分の思いや感情を整理することだ。

本当に怒るべき状況なのか、あるいは自分が目の前の状況について何か誤解をしていないか、落ち着いて考えることが必要だ。

その次は怒りを感情のままに表出した後の結果を考えることだ。

その場で怒りをぶちまけた場合、瞬間的にはすっきりするかもしれないが、実は何も問題が解決していないことを後から悟る。

相手に対する怒りから自分の感情をそのままぶつけることは、言い換えれば「自分はもっとパワーを持ちたい、相手よりも強くなりたい」と考える弱さから来るものだ。

これは専門家も指摘している。

朝鮮日報にこんな記事があった。上下に分けてみたけど、当たり前のことができない民族だというのがよくわかる。

よく解じゃないのとってる言いたいが、何もかもが負の連鎖で亡国の危機にやっと気づき始めた韓国人の「擦り寄り行為」の一つと思ってもいいだろう。

ここに書いてあるような事は、素養があれば解りきった事であって、今更あらためて持ち出すような内容じゃないだろう。

次に自分の意思や感情をうまく相手に伝える方法を学ばねばならない。

ストレートで率直なことは良い点もあるが、その上で相手の立場にも配慮する話し方をすれば、自分が本当に望む結果が手に入る。

このことも悟らねばならない。

相手を非難してプライドを傷つければ、その場は勝ったように感じるかも知れないが、自分自身には何も残らないのだ。

その上で「今日の怒りは今日で全て終わらせること」だ。

感情のしこりが残れば、これがまた新たな怒りを生み出すからだ。

現実に対する恨みや自責の念は、相手への憎悪を大きくする結果しかもたらさない。

問題が解決すれば、一日も早く気持ちを整理することが必要だ。

最後に、それでも自分は素晴らしい人間であることを理解する。

これは「自分には何か特別な能力があって、その気になれば何でもできる」と変に傲慢(ごうまん)になることではなく、むしろ逆だ。

あるがままの自分自身、つまり足りない点も受け入れ、そのままの自分自身を受け入れて愛する「自己尊重心」を持たねばならない。

この自己尊重心があれば、それだけで怒りを和らげる力が得られる。

認められたい欲求が強すぎるとか、あまりにも高い目標意識がある場合、これらは逆に病的ともいえる劣等感を生み出してしまうからだ。

セブランス病院精神健康医学科のナムグン・ギ教授は「怒りを確実に和らげるには、それが爆発する前にその兆候を感知し『タイムアウト』を使えるよう訓練を重ねることが必要だ」と指摘しており、その上で「慣れれば相手と顔を合わせて対話をしているときも、内面ではタイムアウト状態に入って怒りを沈めることができるようになる」と語る。

「タイムアウト」とは野球の「タイム」のように、怒りの「タイム」を取ることだ。

述べていることは正論だが、韓国人には1000年の猶予を与えても、こういった考え方が出来るようになるのは無理だ。

日本で言う「絵に描いた餅」で、終わるだろう。

国家の存亡すら危ういのに、人間改造をしている暇はないだろう。

約100年前の李氏朝鮮時代に逆戻りをしている韓国は、宗主国の奴隷国家としてしか生き残る道はない。

何百年もの間両班に理不尽に殴られてきた結果、こういう朝鮮人特有の国民病を
抱え込んでしまった。

医学的には間欠性爆発性障害という。

南北統一も夢のまた夢だ。

一部の20代から30代の韓国人は、もう一度、日本に併合してもらいたいなどと言っているようだが、もう日本国民が許さないだろう。

日本は韓国に関わって、利を得たことがないのを国民が周知してしまった今となっては、韓国人、在日の排除に向かっている現実がある。

後悔先に立たずとは、まさに韓国の為にある、ことわざのようだ。。














テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
火病は民族性だ。 倶楽部 へいちゃん 2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる