倶楽部 へいちゃん 2

アクセスカウンタ

zoom RSS 日韓首脳会談がいかに無駄だったか結論でたね。

<<   作成日時 : 2015/11/10 21:31   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

こんばんは。

日韓首脳会談で得るものは無いのは解っていたが、いつでも会話の扉は開いていると公言していたからには実行したけど(笑)

日韓首脳会談で早期妥結を目指して協議を加速させることで一致した慰安婦問題なのだが、まだ何も決まってないうちから、韓国KAFCが『日韓合意を無視して』慰安婦運動を継続すると宣言。反日は絶対に放棄する気はないと宣言。

米カリフォルニア州を拠点に活動する韓国系、中国系の反日団体は日韓両政府が合意に達しても、慰安婦像や碑の設置などの反日行動を続けていくことを示唆している。

画像


同州グレンデール市の慰安婦像設置を推進した「カリフォルニア州韓国系米国人フォーラム」(KAFC)は、慰安婦は韓国以外にもいたことから、「韓国政府がすべての被害者(慰安婦)の代表ではない」とし、日韓の「外交問題」ではなく、「戦争犯罪と人権の問題」と主張。

その上で、日本政府が、慰安婦は1932年から45年の間、旧日本軍の性奴隷だったと認めることや、政府としての公式謝罪、すべての被害者への賠償−など7項目を日本政府に要求している。

「日本の教科書や歴史書に正確な記録と認識を記載し、完全かつ継続的な(慰安婦問題の)教育を行うこと」や、「旧日本軍による性奴隷の歴史を後世に残し、被害者をたたえるための記念碑(像)や博物館の建設」も問題解決の条件にあげている。

日本政府は慰安婦問題について、1965年の日韓請求権協定で解決済みとの立場で、韓国政府には協議が妥結した場合は問題を蒸し返さないことも要求している。

だが、KAFCが提示した内容は日本政府が受け入れられるものではないことら、韓国側の対応に関係なく、米国での慰安婦像や碑の設置運動は継続されると思われる。

同州サンフランシスコ市議会で9月、「慰安婦像設置」決議が採択されたこと受けて、中韓系団体は協力して像を1年以内に設置することを確認。

在サンフランシスコ中国総領事館の副総領が決議採択に尽力した元判事らを公式に称賛し、「日本の侵略の罪と事実を否定するいかなる計画も逆効果だ。

慰安婦問題のいかなる否定も反対にあうだろう」と述べている。像設置は中国政府の“お墨付き”を得て、進められていく公算が大きい。

韓国人は自分らのウソがばれつつあるから、もう「日本が認定する」ことで事実化するしかなくなっているのは確かだ。

日韓両国とも国交断絶を願ってる国民は多いのだから、即刻、「断交」しましょうよ。

約束が守れない国と、いくら協議しても時間の無駄であって、実りはない。。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
日韓首脳会談がいかに無駄だったか結論でたね。 倶楽部 へいちゃん 2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる