倶楽部 へいちゃん 2

アクセスカウンタ

zoom RSS 先見の明、又は、先見之識という。

<<   作成日時 : 2016/04/05 22:40   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

こんばんは。

近親相姦の時代が長かったせいか、ここまで狂える南朝鮮人とは、友好や交流、共に生きるのは、無理です。

画像


終戦後の在日朝鮮人について時の総理の言葉

「在日朝鮮人に対する措置」文書(1949年)にて、当時の総理大臣である吉田茂は戦後の在日朝鮮人に対して以下の見解を出している。

彼らは 総数100万にちかく、その半数は不法入国。

すべての朝鮮人がその母国たる半島に帰還するよう期待する。

その理由は次の通り。

現在および将来の食糧事情からみて、余分な人口の維持は不可能。 

大多数の朝鮮人は、日本経済の復興に全く貢献していない。

さらに悪いことには、朝鮮人の中で 犯罪分子が大きな割合を占めている。

彼らは日本の経済法令の常習的違反者 であります。

多くは共産主義者ならびにそのシンパで最も悪辣な政治犯罪を犯す傾向が強く、常時7000名以上が獄中にいるという状態である。

1981年8月には、『朝日新聞記者の証言5』(朝日ソノラマ)の「第三国人の独壇場」の章における、彼らの一部には、治外法権があるかのような優越感をいだかせ、社会の混乱に乗じて徒党を組み、統制物資のヤミ売買、売春、強・窃盗、土地建物の不法占拠などの不法行為をほしいままにし、戦後の混乱を拡大した。

まったくもって、吉田茂の先見には頭が下がる。

現在の日本を、1949年にすでに予測しているではないか。

現代において、一般的には死語であるが、差別語であると主張する人々も存在するが、奴らのやってきたことを知ると、差別ではない。

「第三国人」の定義では「従来日本の支配下にあつた諸国の国民」で「外国人ではないが、同時に日本人と必ずしも地位を同一にしない」という当時の主に在日朝鮮人を述べただけのものであり、この用語に蔑視、畏怖が含まれるようになったのは、在日朝鮮人連盟をはじめとして、在日朝鮮人自身が戦後の混乱期に「連合国人(戦勝国民)」と自称して集団強盗、略奪、殴打暴行、破壊、占拠監禁などを日本各地で行っていた事実があり、その事実を知った日本人が、公然と社会秩序を乱し何事も暴力で解決しようとする在日韓国・朝鮮人(三国人)は恐いと考えるようになるのは当然で、在日韓国・朝鮮人自身の行為が「三国人」なる言葉に特別な意味を含ませるようになった。

現在においても、やることなすことが、反日一本。
いらない隣国第一位ですから。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
先見の明、又は、先見之識という。 倶楽部 へいちゃん 2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる