倶楽部 へいちゃん 2

アクセスカウンタ

zoom RSS 潰しましょう。スパイ養成民進党

<<   作成日時 : 2016/09/15 16:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

こんにちわ。

意気揚々と、民進党新代表の「謝蓮舫」が記者会見、質疑応答をやっているが、これも無駄になるかもだ。


法務省は15日、民進党の蓮舫新代表のいわゆる“二重国籍”問題に関連して、一般論として日本国籍取得後も台湾籍を残していた場合、二重国籍状態が生じ国籍法違反に当たる可能性があるとの見解を明らかにした。


画像


法務省は15日、「日本の国籍事務では台湾出身者に中国の法律は適用していない」との見解を公表した。

これは中国の法律が「外国籍を取得した時点で自動的に中国籍を失う」と定めていることを念頭に、台湾出身の人が国籍を自動的に失うわけではないとの見解を示したもの。

一方で、日本の国籍法は二重国籍の人についてどちらかの国籍選択義務に加え、日本国籍を選んだ場合の外国籍離脱努力義務を定めていて、日本国籍を取得した後も台湾籍を残していた場合、二重国籍状態が生じ、国籍法違反に当たる可能性があるという。

法務省は「国籍法違反に当たるかどうかは個別・具体的な事案ごとの判断になるので一概には言えない」と強調しているが、蓮舫新代表のケースも国籍法違反に当たる可能性が出てきたことになる。

蓮舫氏を擁護する立場の人たちが、法務省“見解”として一部報道を引用していたが、法務省担当者はこの日、「法務省が適用するのは日本法(日本の国籍法)」と述べた。

蓮舫氏の二重国籍問題を巡り、「日本政府の見解では、日本は台湾と国交がないため、台湾籍の人には中国の法律が適用される。

中国の国籍法では「外国籍を取得した者は中国籍を自動的に失う」と定めており、この見解に基づけば、二重国籍の問題は生じない』という趣旨の報道が複数のメディアで相次いだことについて、法務省が報道した各社に対し、訂正を申し入れた。

この問題は、国の根幹を揺るがしかねない問題だけに、中途半端な対応をしてもらっては困る。
法務省の動きは遅いと思う。

法務省、「蓮舫氏に中国大陸法適用」報道に訂正申し入れ

共同通信や朝日新聞等のマスコミ各社で次のような報道があった。
『日本政府の見解では、日本は台湾と国交がないため、台湾籍の人には中国の法律が適用される。
中国の国籍法では「外国籍を取得した者は中国籍を自動的に失う」と定めており、この見解に基づけば、二重国籍の問題は生じない』 というもの。

こういった、いわゆる「飛ばし記事」「事実に反する内容の報道」に、ようやく法務省も腰を上げた格好になったわけだ。




【中古】改正国籍法・戸籍法の解説 (1985年)
KSC
「初版発行」1985-02「出版社」金融財政事情研究会「著者」法務研究会 (編集)お手数ですが最後ま

楽天市場 by 【中古】改正国籍法・戸籍法の解説 (1985年) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
潰しましょう。スパイ養成民進党 倶楽部 へいちゃん 2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる