倶楽部 へいちゃん 2

アクセスカウンタ

zoom RSS 民進党が蓮舫氏の会見動画をユーチューブから削除要請 自民との対応の違い際立つ

<<   作成日時 : 2016/10/19 13:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

こんにちは。

さすがは「外人部隊」だ。
もう自分たちが何を言っているのかさえ解らなくなってきたも模様だ。

以下の言い分だと、違反を隠すために言論弾圧と同じだ。

画像


民進党が、動画投稿サイト「ユーチューブ」の公式チャンネルで公開している記者会見の動画を編集してツイッターに投稿した人物に、著作権法に基づき削除を求めたことが18日、分かった。

動画は蓮舫代表の「二重国籍」問題に関する発言部分だったこともあり、ネットユーザーからは「言論弾圧だ」との声が上がっている。

民進党が削除要請した動画は、蓮舫氏の10月6日の記者会見の一部。投稿者は約30分の会見のうち蓮舫氏の国籍に関する質疑応答の約1分30秒を抜粋し、ツイッターに載せた。
蓮舫氏は戸籍謄本の公開の意向などを問われ、「極めて個人的な戸籍に関し、話そうと思わない」と答えていた。

投稿者には再び同じようなことを行えば、法的措置に踏み切る可能性があると警告した。

投稿者からは「不本意だが、削除する」と返答があり、「言論弾圧とツイッター上で批判する」との意向が示されたという。
蓮舫氏は「法に違反するものを機械的に削除要請しており、政治判断は介入させていない」とも強調した。

民進党の代表である「蓮舫議員」は、公人であり、疑惑をもたれた案件については説明責任があるという事を忘れてらしゃるようだ。
著作権を持っているのは映像を撮影した人で、肖像権は政治家の公務中なら無い。
立場が逆なら、ところかまわずに「説明責任しろー」とわめき散らすくせにだ(笑)

こういったやり方を見ていると、やっぱり中国人だなって感じる、絶対に自分の非を認めない所もそっくりだ。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
民進党が蓮舫氏の会見動画をユーチューブから削除要請 自民との対応の違い際立つ  倶楽部 へいちゃん 2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる