倶楽部 へいちゃん 2

アクセスカウンタ

zoom RSS オスプレイ

<<   作成日時 : 2012/07/23 15:10   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

こんにちは。

今日は朝からこのニュースでもちきりだったね。

先走る報道で、「オスプレイ」のイメージは相当に悪くなってるけど、はたしてそれが真実なのかはわからない。

何故かって?

開発過程から現機種までの間にかなりの設計変更や改良が行われているのがある。

僕も決してノーリスクとは言わないけれど、この「オスプレイ」1機の値段は約100億円。

輸送機としてはべらぼうに高い。

戦闘機が買えますもんね。

よく墜落して「未亡人製造器」と揶揄されているようだけど、開発段階では事故はつきものじゃないかな。

配備後の事故は操縦ミスが主で、機体に特には問題はないようである。

また現在運用されてる輸送機は40年も経過しており老朽化が言われてる。

配備が決定した今となっては、これを白紙に戻すのは困難だろう。

ならば、どうしたらいいかを考えるべきだと思うけど。

そもそも、良く墜落するのは低空飛行時だときいてる。

僕が住む四国の徳島県も低空飛行訓練のコースに入っているらしいが、訓練をつまないとますます事故は増えるだろうね。

呑気に構えていたら、日本の領土はますます削られて、排他的経済水域も減って、漁業に携わる人にはもっと深刻な事態になるのは見えている。

すなわち、魚介類の値段も高騰して、魚も買えなくなる。

反対、反対、と言うだけではなくもう少し先を見越して取り組んでほしいな。


オスプレイ:岩国基地に陸揚げ 批判の中で強行搬入

米海兵隊の垂直離着陸輸送機MV22オスプレイ12機を載せた民間貨物船は23日早朝、米軍岩国基地(山口県岩国市)に到着し、オスプレイは陸揚げされた。

画像

画像


相次いだ墜落事故による安全性への疑念から、地元だけでなく与党内からも批判が出る中での強行搬入となった。

米軍は米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)を中心に10月から運用開始する予定だが、沖縄県では8月5日に配備反対を訴える超党派の県民大会が予定されており、反発が強まることは確実だ。

貨物船は23日午前5時ごろ、岩国基地沖に到着し、午前6時半ごろ、基地の港湾施設に接岸した。

オスプレイは回転翼を折りたたみ、主翼を90度回転させた状態で、午前8時ごろから船倉から順次出され、基地内の駐機場に運ばれていった。

基地周辺海域は日米地位協定に伴う船舶の航行禁止区域になっている。

陸揚げに合わせ、住民団体のメンバー15人前後が6隻のゴムボートなどで航行禁止区域外でデモをした。

開発段階から墜落事故が相次ぎ、危険性が指摘される新型輸送機の陸揚げに、地元の反発は募るばかり。

来日したカーター米国防副長官は「安全性を再確認するまで飛行させない」と表明したが、果たして安全性は確保されるのか。

オスプレイの特性を専門家に聞いた。【川上珠実、福永方人、金秀蓮】

「パイロットの小さなミスでも命取りになるのが根本的な欠点だ」

そう指摘するのは、米国防総省の国防分析研究所でオスプレイの分析官だったレックス・リボロ博士(68)。

オスプレイは、主翼両端にある回転翼(ローター)の角度を変えることで、滑走路がない場所でも垂直離着陸ができるヘリコプターと、水平高速飛行が可能な固定翼機の機能を併せ持った初めての航空機。

しかし、リボロ氏はその構造の複雑さが事故多発の要因にもなっていると言う。




犠牲のシステム 福島・沖縄 (集英社新書)
集英社
高橋 哲哉

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 犠牲のシステム 福島・沖縄 (集英社新書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
オスプレイ 倶楽部 へいちゃん 2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる