倶楽部 へいちゃん 2

アクセスカウンタ

zoom RSS やりたい放題の中国を何とかしないといけない。

<<   作成日時 : 2013/07/11 00:24   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

越漁船2隻に破壊活動、 南シナ海で中国監視船

10日付のベトナム紙トイチェによると、南シナ海の西沙(英語名パラセル)諸島の近くで6日、中国の漁業監視船がベトナム漁船2隻を追い回した上、中国側当局者が漁船に乗り移り、船上で破壊活動などをする事件があった。

両国は西沙諸島の領有権を争っている。

漁船はいずれもベトナム中部クアンガイ省リーソン島から出漁、計約30人が乗っていた。

中国側は銃を携行し、こん棒で乗組員に暴行。船室のガラスを割ったり、いかりの鎖を切断したりしたほか、通信機器などを没収したという。

西沙諸島付近では中国船によるベトナム漁船の拿捕などが多発。今年3月にはベトナム漁船が中国船から発砲される事件が、5月には中国船に体当たりされる事件も起き、ベトナム政府は中国側に抗議している。

こんばんは。

この脅威を見てみない振りをしているのかどうかはわからない。

日本の政治家は目先の参院選だけをみているからね。

ロシアと中国が初めて日本海で合同軍事訓練をした。

その意味はどこにあるか察しのいい方は解るだろう。

お題目のように「平和、平和」「戦争反対」と言っている党もあるが、はたしてそれで日本は大丈夫か?

国を守る事に対して、今の日本人は自らのリスクを負うことを極端なまでに嫌う。

じゃぁ、同盟国の若き兵士が戦死するのはいいのかって事になる。

リスクを一切負わずに口先だけで中国に対抗するのはだれが考えても無理だとわかるはず。

それでも、お題目を唱える党や候補者に投票する国民がいることに呆れるのだ。

もはや何を言っても恐らくは無駄だろうが、このまま中国の暴走を許しておいていいのかな?


中国では軍民が一体となって「富国強軍」を目指しているが、2012年版の国防白書は経済権益の確保を名目に中国の武装力が今後、世界に活動範囲を広げる2つの可能性を示している。

一つは中国の国益の海外拡大に伴う武装力の行動領域の拡大である。

「経済発展および企業の海外投資や派遣人材などの新たな国益や財産・人命の防護」も武装力の任務とされたが、国外への出動では関係国と主権が絡んだ摩擦を招くことになる。

その背景として白書は「国際的に覇権主義、強権政治、新たな干渉主義が台頭しており、衝突は絶えない」「テロリズム、分裂主義、過激主義の脅威が高まり、海外利益と安全が脅かされている」との情勢認識を示していた。

国防白書の発表に合わせた記者会見で、国防省楊宇軍報道官は「中国の海洋権益や核心的利益が侵されれば、必ず反撃する」と発言しており、中国の強硬姿勢が注目された。

画像


今後、経済的利益や同胞救助の名目で、域外への武装力出動は増えようが、その動向は中国の影響力拡大の思惑もあり、注目される。

もう一つは、活発化する近年の中国による海洋進出である。

白書は「海洋は中国の持続可能な発展のための資源を保障する空間」との見方を示し、「海洋権益を守る」ことを強調している。

中東からの石油輸入や戦略物資を輸入するルートに当たる南シナ海やインド洋のシーレーンも海洋権益とし、その防衛も「軍の重要な職責」だと表明している。

関連して中国の海洋進出に伴う尖閣諸島をめぐる日中間の軋轢(あつれき)に関して白書は「日本が釣魚島(尖閣諸島の中国名)問題で騒ぎを起こしている」と国名を挙げて異例な記述をしていた。

そして前出の報道官は「中国政府と中国軍は、釣魚島の主権を守る決意も能力もある」と述べ、日本を強く牽制(けんせい)している。

また同席した総参謀部の呉喜大佐も「戦争には反対だが、戦争を強いられたら、戦って必ず勝つ」と物騒なことまで述べていた。

その上で、全国人民代表大会(国会に相当)では公安相の指揮下に置かれた国家海警局を新編し、これまでの「海監」や「魚政」などの公船を統合運用し、かつ司法権を発動できる態勢に強化している。



テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
やりたい放題の中国を何とかしないといけない。 倶楽部 へいちゃん 2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる