倶楽部 へいちゃん 2

アクセスカウンタ

zoom RSS 中国より先に韓国経済がぶっ飛びそうです(爆)

<<   作成日時 : 2013/11/20 18:36   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

こんばんは。

やはり国家のトップが馬鹿だと国は衰退し滅んでいくと言うのを地で言っているのがまさに韓国だな。

昨日のブログでも書いたが次から次へと反日の材料を出してくる。

ニュースでは伊藤博文暗殺を暗殺した安重根の碑を建てる件について遺憾の意くらいしか言わないが、その陰で韓国経済は今にも吹っ飛びそうな状況になっている。

安倍総理の外交ブレーンのひとりは、『いま首脳会談をやって対立が鮮明になるくらいなら、無理に行なう必要はない』とアドバイスしています。

勝手に騒いで勝手に潰れろ、でも日本を頼ってくるなよって感じです。

画像


                   写真は、韓国の不良債権の山です(爆)


韓国の不良債権地獄、反日で急加速 現地メディアが危惧する「新韓国病」


韓国経済が不良債権地獄に沈もうとしている。

巨額の負債を抱え、業績が低迷する大企業が資金繰りに窮するなか、大量にばらまいた社債の償還期限が迫る。

自営業者や家計の借金苦も深刻だが、朴槿恵(パク・クネ)政権は打開策を打ち出せない…。

こうした惨状を地元メディアは「新韓国病」と呼ぶが、朴大統領の反日姿勢によって病状は重篤化しかねない。


韓国の金融監督院が公表した資料によると、韓国の国内銀行の不良債権額は今年7〜9月に25兆8000億ウォン(約2兆4000億円)と、2011年1〜3月期以来の高水準となった。

不良債権額は昨年から今年1〜3月期までは18兆〜20兆ウォン台で推移していたが、4〜6月期以降、急激に増えている。

個別にみると、都市銀行ではウリィ銀行や韓国国民銀行、地方銀行では済州銀行、政府系の韓国産業銀行などの不良債権比率の高さが目立った。

銀行の不良債権が増えている事態は、融資を受けている企業や個人の返済能力に懸念が生じていることを意味する。

実際のところ、大企業の過剰債務問題は深刻だ。韓国銀行(中央銀行)が公表した「金融安定報告書」によると、有利子負債が自己資本の2倍(負債比率200%)を超える「過剰債務大企業」の半数以上が赤字を抱えている。

過剰債務を抱える企業は、1年以内に返済が必要な短期借入金への依存度も極めて高い。

負債比率200%を超える大企業のうち、借金に占める短期借入金の比率が「5割から8割」という企業が27%、短期借入金の比率が「8割から10割」という企業に至っては、38%に達している。

借金が多い企業の大半が、業績が悪く、期限が短い借金の返済を迫られるという自転車操業を余儀なくされている姿が浮かび上がる。

銀行が貸し出し姿勢を厳しくすれば、存亡の危機に直面しかねない水準だ。

また、本業の儲けで、どれだけ借金の利息を支払う力があるかを示す「インタレスト・カバレッジ・レシオ」という指標があるが、これが1倍未満、つまり営業利益だけでは借金の利息も払えない企業が保有する負債も増えている。

韓国の主要企業の負債額のうち、こうした“危ない企業”が保有する「危険債務」の比率は、前年の約26%から約34%に急上昇した。

この種の負債が増えることで、銀行の不良債権もさらに拡大する恐れがある。

企業が融資以外に資金調達する方法として社債の発行があるが、報告書では「非優良企業の社債発行環境は悪化している」と指摘している。

STXグループや東洋グループといった財閥が相次いで経営破綻した影響もあり、シングルA以下の格付けの社債は発行量が急減しているという。

さらに大きな問題なのが社債の償還だ。報告書はこう警告する。

「造船や建設、運送といった脆弱(ぜいじゃく)な業種で、2014年前半までに大量の社債が償還期限を迎えるが、その約8割がシングルA以下の格付けであり、発行企業は借り換えリスクを抱えている」

9月に破綻した東洋グループは社債やコマーシャル・ペーパー(CP)を個人投資家に大量に売り出した末に破綻し、韓国で大きな社会問題になっている。

借金に苦しんでいるのは大企業だけではない。

韓国の自営業者の多くは不動産担保ローンを抱えるが、不動産価格の下落が打撃となり、借金の延滞率も増加している。

韓国のネットメディア「ニュースウェイ」は、こうした財閥の社債償還問題や深刻な家計の負債、朴政権の経済政策の無力さ、財界の投資意欲低下などをまとめて「新韓国病」と名付けている。


その病状をさらに悪化させているのが、朴大統領の反日姿勢だ。


「韓国は、中国と一緒に『反日』で気勢を上げたが、激しすぎる日本批判のツケを払うことになったのは皮肉にも当の韓国政府だった」
と語るのは、アジア経済に詳しい企業文化研究所理事長の勝又壽良氏。

今年の日本から韓国への直接投資は前年に比べて約4割減っている一方、韓国の対日輸出も円安ウォン高の影響で減り続けている。

また、個人ベースでも、今年1〜9月までの間、韓国を訪れた日本人観光客が26%も減るなど、日本企業や日本人の「脱韓国」が進んでいる。

「日韓が政治的に対立して、経済的に困るのは韓国で、日本には別段、デメリットはない」

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
中国より先に韓国経済がぶっ飛びそうです(爆) 倶楽部 へいちゃん 2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる