倶楽部 へいちゃん 2

アクセスカウンタ

zoom RSS 失読症(ディスレクシア)

<<   作成日時 : 2013/12/06 23:43   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

こんばんは。

秋は終わったけど、夜長のいま読書やってますか?

僕はかなり読書好きだったけど今じゃPCを触ってる時間の方がメチャ長くなった。

読書は睡眠導入剤の役割になんりつつある(爆)

失読症ってしってましたか?

失語症は聞いたことがあってそこそこ知識はあるんだけどな。

失読症は読字を困難にする疾病だそうだけど、どんな症状になるのか・・・

一般的には、学習障害の一種である。

失読症、難読症、識字障害、(特異的)読字障害、読み書き障害とも訳される。

1884年にドイツの眼科医ルドルフ・ベルリン(ドイツ語版)によって報告され命名された。

画像


原因は脳内の障害にあるとする最新の研究論文が、5日の米科学誌サイエンス(Science)に掲載された。

長年支持されている説に異を唱える今回の研究結果は、遺伝性神経疾患の失読症を引き起こす原因をめぐって続けられている議論──失読症の原因は脳神経経路の異常なのか、それとも言語を形成する音と記号の相互作用を脳が理解できないからなのか──をさらに加熱させるものとなった。

学習障害(LD)の1つである失読症は、人口の約10%に影響を及ぼしており、経済的・民族的背景の違いにかかわらず、すべての人間で発症する可能性がある。

人口の10パーセントと言えばかなりの割合になるよね。

今回の研究は、失読症患者23人と健常者22人の脳スキャン検査に基づくもので、その結果、失読症患者は音声単位を問題なく理解できるが、それを処理するための脳の結合が欠如していることが分かったという。

ベルギー・ルーベン大学(University of Leuven)のバルト・ボーツ(Bart Boets)教授(精神医学)は大人の失読症患者では、音声表象そのものが全く損なわれていないことが分かった」と話す。

今回の研究を通じて、音声表象が処理される右脳と左脳の聴覚野と、高レベルの音韻処理を行うブローカ野との間の結合機能が損なわれていることを発見したという。

失読症患者の脳も健常者と全く同様に、音とその変化を特定しているが、論文によると、失読症患者が反応を示すのに要した時間は、健常者より1.5倍長かったという。

カリフォルニア大学サンフランシスコ校(University of California, San Francisco、UCSF)の神経科学者、マイケル・マーゼニック(Michael Merzenich)氏は、今回の研究結果を疑問視しているが、サイエンス誌に対して、失読症患者が音声表象を処理する忠実度は健常者に比べて低いことが、数十年にわたる「非常に広範で有力な」証拠によって示されているとし、「この文献を無視することはできない」と述べている。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
失読症(ディスレクシア) 倶楽部 へいちゃん 2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる