倶楽部 へいちゃん 2

アクセスカウンタ

zoom RSS 常に真実の歴史を見て行かないと危ない。

<<   作成日時 : 2014/01/27 22:44   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

こんばんは。

NHKの会長でさえ歴史認識に少々過ちがある。

これは、特に韓国が戦後賠償、従軍慰安婦問題を声高に叫んでいるせいで間違った歴史認識を我々は刷り込まれているのではないだろうか?

以下の文章は池田信夫氏のブログからの引用であるが、的を得ている。

騒ぐ韓国に日本としては冷静に歴史事実を突き付けて対応をするべきだろう。

左翼系のTVや新聞に影響され、かも太平洋戦争時に朝鮮半島で戦火があったかのように錯覚させられるがそうでは無い事を知っておかねばならない。

自分たちの歴史観が間違っていたら、話にならない。

画像

韓国人がデモで日本軍による南京占領を祝っていた写真

朝鮮半島の領有権が争われたのは日清戦争で、このときは韓国が戦場になった(「戦争」を日清戦争と考えれば籾井氏も橋下氏も正しい)。

しかし下関条約で日本が朝鮮を領有することが決まり、1910年に日韓併合条約で日本の領土になった。

これは国際法で承認されたので、このあと朝鮮半島で戦争はまったく起こっていない。

NYタイムズのタブチ記者も"China and South Korea, both victims of Japan’s wartime aggression"と書いているが、韓国は日本の攻撃を受けていない。

韓国はサンフランシスコ条約に参加していないので、戦勝国でもない。

正式の和平は1965年の日韓基本条約で行なわれたが、日本は韓国に戦争で損害を与えていないので、本来は賠償するいわれもない。

植民地の宗主国が、独立のとき賠償した例はない。




テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
常に真実の歴史を見て行かないと危ない。 倶楽部 へいちゃん 2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる