倶楽部 へいちゃん 2

アクセスカウンタ

zoom RSS ケネディ駐日大使と朴槿恵へ。自分の父親もA級戦犯だと分かっているか?

<<   作成日時 : 2014/01/09 21:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

こんばんは。

安倍晋三首相は9日午前、中東のオマーン、アフリカのコートジボワール、モザンビーク、エチオピアの4カ国歴訪に向け政府専用機で羽田空港を出発した。

安倍首相のこうした積極外交に、神経質になっているのが中国だ。

神経質になるのは中国が自信のないあらわだろう。

どうあがいても中国は世界の覇者にはなれないのだ。

「人を裁くな。あなたがたも裁かれないようにするためである。あなたがたは、自分の裁く裁きで裁かれ、自分の量る秤で量り与えられる」(マタイによる福音書)

画像


人間の醜悪な性質に気付いた一人の偉人が、2千年前にこんな言葉を残している。

極東軍事裁判の定義によれば、A級戦犯とは、「平和に対する罪」「通例の戦争犯罪」「人道に対する罪」のいずれかを犯さんとする計画謀議の立案また実行に参加した指導者・組織者のことを指す。

韓国軍の場合は、民間人の大量虐殺や化学兵器の使用だけでなく、ベトナム人女性に対する性奴隷制度を運用していた罪も明確になってきた。

これらの戦争犯罪および人道に対する犯罪の責任者こそ、当時独裁者だったパク・チョンヒである。

ジョン・F・ケネディ、リンドン・ジョンソン、ロバート・マクナマラ、パク・チョンヒなどは、本来なら死刑に処されて然るべき罪人だ。

日本の戦争指導者を裁いたのと同じ基準を用いるならばこのように定義をしても間違いないだろう。

また韓国が靖国参拝を批判すること自体、二重におかしいのだ。

韓国人は日本軍に志願し、その結果として戦犯を出した側である。当時、韓国人は、日本軍の勝利と韓国人将校の活躍に熱狂し、万歳三唱した。

今頃になって韓国人が文句をつけている。

韓国外交部の報道官は昨年、合祀は「強制徴兵・徴用犠牲者の意志に反して」おり「当事者とその遺族の名誉・人格に対する侵害だ」などと非難している。

だが、仮に合祀しなかったら、韓国人は何と言っていたか。

間違いなく、「われわれ韓国人を死後も差別するつもりか?」などと怒り、民族差別問題として対日非難の合唱をしていたはずだ。

志願なのに「強制徴兵された」などと嘘をつく。

一国家が公式の場において、かくも公然と嘘をつき、他国を陥れる真似をする。

これも韓国が信用されない理由の一つである。


終戦後、千人もの日本人が戦犯として処刑され、その上、日本はアジア各国と個別に交渉し、賠償またそれに値する経済援助を行ってきた。

主要国を見渡せば、そのような態度を取っている国がどれほどあるだろうか。

アメリカと韓国は、自国の戦争犯罪を直視し、その指導者の責任を問い、裁いているのか?

彼らはモラルを掲げて日本を裁くが、自分はそれを守っていない。

靖国参拝の批判をするのは結構だが自分たちの醜悪さと二重基準が浮き彫りになるということも、少しは自覚してもらいたい。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ケネディ駐日大使と朴槿恵へ。自分の父親もA級戦犯だと分かっているか? 倶楽部 へいちゃん 2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる