倶楽部 へいちゃん 2

アクセスカウンタ

zoom RSS 集団的自衛権の行使は主権国家なら当たり前だ。

<<   作成日時 : 2014/05/19 22:57   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

こんばんは。

もう、真夏と言ってもいいくらい強烈な暑さの徳島県北部でした><

外気温と同じくらいに、「集団的自衛権」で色々な意見がでていますが、日米同盟が有効な限り日本は安全だと考えているなら、相当に時代に乗り遅れているか、一部メディアの偏向報道に毒されていると言わざるをえない。

これだけ目に見えて危機が迫っているのに、未だ強硬な反対姿勢を貫き当該分野に政治的エネルギーを向かわせる連中がいる事自体、その輩は「売国奴」と烙印を押してもいいのではないか。

今最も問題なのは、「グレーゾーン」と言われているところだ。

現憲法下では、このグレーゾーンに対処の使用が無いに等しい。

専守防衛の隙間をつくのがグレーゾーン攻撃なのにだ。

我が国が主権を回復した 1952年4月に発効した日本国との平和条約(サン・フランシスコ平和条約)においても、我が国が個別的又は集団的自衛の固有の権利を有することや集団安全保障措置への参加は認められており、また、我が国が1956年9月に国連に加盟した際も、国際連合憲章に規定される国連の集団安全保障措置や、加盟国に個別的又は集団的自衛の固有の権利を認める規定(第51条)について何ら留保は付さなかったのにだ。

国際貢献度において、日本は確かに高い。ただし「お金」でだ。

日本には「平和憲法」があるから、血を流すのは他所の国』などという勝手な理屈が、この先も世界で評価がされると持っているなら大間違いだ。

平和憲法は、日本人の一部が未だ信仰をしているが、そんな文章で国が守れるはずがない。

ごくごく普通の思考回路があるなら、誰にだってわかる問題だろう。

日本人の血を流せと言っているのではない。

時には、お金で解決できないこともあるって事だ。

今この時間も朝日放送のニュースステーションがボケた戯言をならべているが、恐らくミサイルの1発でも都心に落ちたら真っ先に逃げるだろ。

朝日新聞や、毎日新聞、創価学会、公明党がどんなに懸命に祈りを捧げてもミサイルは日本列島を避けてくれないのがわからないらしい(爆)

今の日本人は自分に都合の良いことばかりを考えているようにしか思えない。

あらゆる事柄において日本人は世界の常識をもっと踏まえる必要性があるんじゃないだろうか?

中国では、国の為に戦うと言う人が70パーセント強、韓国でも60パーセント強、では日本はというと16パーセントだ。

言い換えれば、自衛隊におんぶにだっこでいますってことだ。

その自衛隊の存在を認めようとしない、党はどうするのか?

日本人の誇りとか、簡単にいうが愛国心が育っていない現実の中では「日本人の誇り」は絵に描いた餅以下だな。

日本という国そしてその文化・伝統・歴史を守って行くのは日本人しかおらず、日本人自身が自らの力で自らの国を守るということを再考し実際に動き出す事ができないなら間違いなく日本は亡国へまっしぐらとなるだろう。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
集団的自衛権の行使は主権国家なら当たり前だ。 倶楽部 へいちゃん 2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる