倶楽部 へいちゃん 2

アクセスカウンタ

zoom RSS ぺこぺこと頭を下げる舛添要一・東京都知事

<<   作成日時 : 2014/07/27 15:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

舛添の訪韓は、、まるで朝貢外交でやってきた使節みたいに見えた。

この、ぺこぺこと頭を下げるようすが日本と韓国で一斉に報じられた。

画像


韓国に対して最もやってはならないこと、それを舛添氏は「やってのけた」のだ。

韓国との「真の友好」を目指すなら、少なくとも韓国の国民に、「歴史の真実」を知ってもらう必要がある。

そして、いったい日本人がなぜ「従軍慰安婦問題」で怒っているのか、そこに韓国に目を向けさせることが重要であるのに、舛添は最初から間違った方法を選択した。

韓国の国民に、「歴史の真実」を知ってもらう事をせずに、舛添はソウル大学の講演でも「90%以上の東京都民は韓国が好きなのに、一部がヘイトスピーチをして全体を悪くしている」とまた韓国を持ち上げる発言に終始したのだ。

舛添は、世界各地で従軍慰安婦像を建て、さまざまな議会で日本非難の決議をおこない、日本を貶める行動を世界中で展開している韓国に、のこのこと出かけて行き、逆にあちこちで“お赦し”を乞うてまわったのだ。

このパフォーマンスは韓国が世界中でやっていることに対して、「皆さん、日本人は怒っていないですよ」と容認のメッセージを与えただけだ。

舛添は東京都知事だ。

従軍慰安婦問題で謂われなき非難を浴びているのは日本である。

韓国の誤った認識と主張によって、日本は「拉致」「監禁」「強姦」国家であるという糾弾を受けている。

従軍慰安婦像なるものが世界中に建ち、この問題を世界の記憶遺産にしようという中国と足並みをそろえて、日本人を侮蔑し続けている。

こういった現実をまったく知らないのか、お粗末な都知事だ。

朴槿惠は、「一部政治家の言動で両国関係に難しさが出ているが、正しい歴史認識を共有しつつ、関係を安定的に発展できるよう努力をお願いする」「慰安婦問題は両国関係だけではなく、普遍的な人権に対する問題。真摯な努力で解決できる」と述べたが、反論もせず舛添はうなづくだけ。

従軍慰安婦問題は、1991年8月、朝日新聞によって火をつけられたものだ。

朝鮮人従軍慰安婦を「“女子挺身隊”の名において戦場に連行され、日本軍人相手に売春行為を強いられた」存在として、クローズアップさせたのである。

それが完全な誤報だったことは、その後の検証で次々と明らかになった。

女子挺身隊とは、戦時中の14歳以上25歳以下の女子の勤労奉仕団体である。

しかも、記事を書いた当の朝日新聞記者の妻が韓国人で、義母は当時の慰安婦訴訟の原告団幹部であったことまで明らかになった。

日本中を失望させたこの舛添による“屈服外交”は、日韓の「真の友好」を遠ざけ、長く歴史に汚点を残す事になる。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ぺこぺこと頭を下げる舛添要一・東京都知事 倶楽部 へいちゃん 2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる