倶楽部 へいちゃん 2

アクセスカウンタ

zoom RSS どっちが孤立していくのか?

<<   作成日時 : 2014/08/12 23:43   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

『中央日報日本語版』が掲載していた2つの記事「【社説】韓国、失敗すれば北東アジアで孤立する」と「韓国外交の危機は日本から来る」

国内外の外交専門家30人(日米中専門家9人含む)に大韓民国の外交の現在と未来を尋ねてみた.。

「専門家たちは韓国外交の危機が日本との関係から来ていると答えた」ことで、「特に日中関係の場合、今より改善しようが悪化しようが、すべて韓国に否定的な影響を与える恐れがあると評した」。

中国の記事を見ていると、「孤立」しているのは日本というのが前提で、領土問題でも北方領土、竹島、尖閣諸島で周辺国と争って孤立しているというロジックになっている。

近隣諸国と領土問題で争いをしているのは日本だけでなく、中国も同じで、なおかつ争っている国数では中国の方が断然多いのが現実なのですが。

仮に、日本と韓国が敵対したまま、もし日本と中国(北朝鮮)との関係改善が進めば、韓国は梯子を外されたような形となり、米国も含めてより複雑な状況になるのは言うまでもないでしょう。

現状のままの日韓関係であれば、日本と中国の関係が改善されたとしても、悪化しても韓国としてはメリットはない。

日中の関係が悪化すれば、日本はアメリカへの依存を強め、結果同盟国である韓国もアメリカの圧力に屈する形で、中国に敵対する立場に。

そうでないと米韓同盟は成り立たなくなりますからね。

中国に経済的にこれだけ依存している韓国としては、中国と決定的に敵対するというこは、経済上でものすごく大きなダメージを被ることになり、逆に日本と中国の関係が改善されたとすれば、「反日」で共同歩調をとろうとしていた韓国だけが「反日」を堅持することとなります。

画像


結果、韓国1ケ国が日本を敵視するという異常な形となるわけで、誰も相手にしてくれない妄想を一人で持ち続けるというおかしなことをし続けなくてならないことになります。

実際問題、韓国も日本に部品輸入の面などでかなり依存しているので、今以上に「嫌韓」が進むと、自分の首を絞めるようなものです。

頼りにしている、サムスンや、現代なども大幅な減収減益に落ちっていますから。

プライドだけが高い国民性が大きなリスクになってきているのです。

朝日新聞が誤報を認めた事によって、朝日信者も目が覚めてきたようですし、これまでのような反日が通じるとも思えません。

日本がアジアで孤立しているという妄想も、もうできなくなってきているのです(爆)

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
どっちが孤立していくのか? 倶楽部 へいちゃん 2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる