倶楽部 へいちゃん 2

アクセスカウンタ

zoom RSS 日本軍の存在と韓国人

<<   作成日時 : 2014/10/04 17:02   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

韓国の方々に教えたい歴史

「日本軍」と耳にした途端、血がのぼって荒れ狂う韓国人だが、日本軍がなければ現代の韓国軍はなく、今の韓国もないという史実を理解しているのだろうか?

1950年に勃発した朝鮮戦争・釜山橋頭堡(きょうとうほ)の戦い

韓国軍の金錫源(キム・ソクウォン)准将率いる韓国第3師団約1万の将兵は、北朝鮮第5師団との戦闘で、東海岸の長沙洞(チャンサドン)付近に追い詰められた。

壊滅の危機だった同年8月17日、国連軍のLST(戦車揚陸艦)4隻に分乗して無事撤退に成功した。

このとき、艦橋に姿をみせた金准将は驚いた。

米海軍のLSTの乗組員は、旧日本海軍将兵だったのだ。

画像


金准将は、陸軍士官学校を卒業(27期)し、支那事変では連隊長として大活躍した。

金鵄勲章まで受章した元日本陸軍大佐だった。「半島の英雄」として、日本でも広く名が知られていた。

その英雄が、朝鮮戦争勃発と同時に、韓国陸軍准将として再び戦場に登場したのだ。

韓国軍の士気高揚に貢献しただけでなく、日本軍時代の名声と人柄に、韓国人の元日本兵らが先を競って集まった事実がある。

首都ソウルの防衛を担った第1師団長時代から、金准将はカイザー髭を蓄え、その手には日本刀が握り締められていた。「軍刀は武人の魂である」という教えをかたくなに守り通していた。

米軍事顧問団の制止も聞き入れず、常に最前線で陣頭指揮を執り、日本刀を振りかざして部下を奮起させた。

骨の髄まで“日本軍人精神”が染み込んでいた訳だ。

金准将のほか、後の韓国空軍参謀総長となる金貞烈(キム・ジョンニョル)将軍は、大東亜戦争緒戦のフィリピン攻略戦で武勲を上げた元日本陸軍大尉で、南方戦線では戦隊長として三式戦闘機「飛燕」で大活躍した。

北朝鮮軍戦車に体当たり攻撃を敢行した飛行団長、李根晢(イ・グンギ)大佐も、加藤隼戦闘隊の撃墜王の1人だった。

後の韓国空軍参謀長となる張盛煥(チャン・ソンファン)中将や、金成龍(キム・ソンヨン)大将、韓国陸軍砲兵隊を育てた申應均(シン・ウンギュン)中将なども、日本陸軍の将校であった。

韓国軍を立ち上げた首脳部の多くは、日本の陸軍士官学校か満州軍官学校の出身者だった。

このため朝鮮戦争での韓国軍は「米軍装備の日本軍」と言われていたのだ。


韓国人こそ、歴史を直視しなければならない。

もうすでに韓国の未来は無いと思うが、歴史を直視して。悶絶死するのも悪くないのではないか(爆)

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
日本軍の存在と韓国人 倶楽部 へいちゃん 2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる