倶楽部 へいちゃん 2

アクセスカウンタ

zoom RSS 腐敗撲滅キャンペーン

<<   作成日時 : 2014/10/14 20:34   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

[腐敗撲滅キャンペーン]と言うと聞こえがいいけど・・・

中国青年報によると、昨年1月から今年4月までに、捜査対象になった幹部54人が「不自然な死因」で死亡しており、このうちビルから飛び降りた8人を含む23人が自殺だった。

中国では習近平国家主席が大々的に展開している腐敗一掃キャンペーンで、共産党幹部や企業幹部が相次いで自殺している。

習主席は「虎だろうが、蝿だろうが、一緒に叩く」と豪語しているが、実は腐敗幹部ならば大物だろうが、小物だろうが、次々と自らの命を絶っているのだ。

「中国は事実上の一党独裁国家なので、いったん目を付けられた幹部は逃げることができず、大きなストレスを抱え込む」と専門家は述べている。

腐敗撲滅キャンペーンが激化しているため、党や政府、企業に関わらず幹部は戦々恐々としているようだ。

中国青年報によると、中国では今年7月の1か月だけでも、少なくとも6人の党幹部が自ら命を絶っている。

これって、死に追い込んでるだけのようなきがするが(^^;)

また逆に、中国では10月1日から1週間の国慶節(建国記念日)の大型連休で、習近平国家主席が昨年末にお忍びで訪れた肉まんのチェーン店「慶豊包子舗」に中国各地から観光客が殺到し、肉まん1200万個が売れ、売上高は1200万元(約21億1200万円)にも達した。

画像


習氏の妻、彭麗媛さんが上海を訪問した際、食事をしたレストランでは「ファーストレディ・セット」が販売され大評判になったという。

北京が主席定食ならば、上海では「ファーストレディ・セット」が売り出された。

「ひょうたんケーキ」や「ミニちまき」など小さいわりには手が込んでいる上海伝統のお菓子が4つ入って38元(約670円)と少し割高だが、1日限定100セット。

店側は習氏が食べて定食を「主席定食」と名付けて大々的に売り出した。

習氏がお昼に北京の月壇店を訪れ、肉まん6個とレバーの炒め物、野菜料理がセットになった21元(約370円)。

習氏は海外では「強面」「保守派」「強硬」などとの印象が強く、あまり人気はないが、国内では腐敗一掃キャンペーンで、高級幹部を次々と失脚に追い込んでおり、庶民には人気があることが証明された形だ。

こういった現象をみても、権力にすりよる国民の体質がよくわかる。

韓国もそうだが、いびつに歪んでいる(笑)

習氏を意識する李克強首相。李氏は今年4月、海南省海口市で開催した会議の合間を見て、コンビニに立ち寄り、夫人への土産を物色。海南島原産のココナッツを使ったココナッツチップとココナッツミルク、クリスプロールを各1箱ずつ計19元(約330円)で購入。

これを中国中央テレビ局が放送したことから、やはり大評判となった。店側は李首相が購入した3店をまとめて、「総理セット」として売り出すと、やはり大変な人気となり、いまや海南島を訪れる観光客の大半が総理セットをお土産として購入するまでになった。

中国では最高指導者やその家族の動向に敏感で、良きにつけ悪しきにつけ、指導者の行動を真似る傾向が強い。




テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
腐敗撲滅キャンペーン 倶楽部 へいちゃん 2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる