倶楽部 へいちゃん 2

アクセスカウンタ

zoom RSS 指鹿為馬

<<   作成日時 : 2014/12/22 00:04   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

タイトルだけ見ると、何のことやらさっぱり・・・(^^;

どうしてこんな事を書くのかというと、韓国の大学教授が選ぶ今年の四字熟語が「指鹿為馬(間違いを認めず強引に押し通す)」に決まった。中国新聞社が伝えたからです。

ちなみに次席は、「削足適履(大きな足を削り落として靴に合わせるように無理に物事を行うこと)」だったそうです。

画像


「指鹿為馬」

【鹿を指して馬となす】と訓読みされます。

間違いを間違いと認めず、強引に押し通すことを表す四字熟語です。

事実によると、始皇帝の後、末子の胡亥(コガイ)が位をついで二世皇帝になりました。

長男の枎蘇(フソ)は宦官(カンガン)趙高(チョウコウ)の策略で自刃させられてしまったのです。

その趙高が丞相(ジョウショウ:大臣)になった時、群臣が自分に従わないのではないかと心配して、験(ため)してみようと思い、【鹿】を【馬】と言わせたのが【指鹿為馬】でした。

群臣はみな趙高をおそれ、さからう者はいなくなりました。

趙高は、その後二世皇帝を自殺に追い込み、自分が帝位につこうとしましたが、群臣が趙高を推さないので不本意ながら、始皇帝の孫で枎蘇の子供である子嬰(シエイ)を三世皇帝としました。

子嬰は玉璽(ギョクジ:天子の印鑑)を受ける儀式を行うため斎戒沐浴(サイカイモクヨク)し、五日後、趙高を殺害し、さらにその三族を皆殺しにしました。趙高の悪事の総決算が行われたのでした。
 
三世皇帝ですが、実際には秦王嬰と名乗ったそうです。

その秦王嬰もB.C.206年項羽に殺され、最初の統一王朝秦は15年という短命のうちに幕を閉じました。

もっぱら、他人(ひと)の国の島を、俺のだ!俺のだ!と言って、土足で上がり込んでくる国々があります。

日本の周りは、そんな陸(ロク)でもない国ばかりです。

悪いことばかりしていると、命取りになることを御先祖達の事例に学ぶ事を忘れているみたいですね〜

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
指鹿為馬 倶楽部 へいちゃん 2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる