倶楽部 へいちゃん 2

アクセスカウンタ

zoom RSS トンスル民族とは関わるべからず。

<<   作成日時 : 2015/05/23 21:14   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

こんばんは。

21世紀になった現在でも、朝鮮人の本質は全く変わっていなことがわかる。

戦後まもなく起きた、阪神教育事件をしらべていただくとよくわかる。

画像


戦後70年、にっかん国交正常化50年、しかし、何もかわっていない半島人の民族性だけが、やたらと目に付く。。

連合国総司令部(GHQ)の担当官として終戦直後の日本に駐留し、後にハーバード大学教授となったエドワード・ワグナー(朝鮮史)は、『日本における朝鮮少数民族』(原著1951年)という論文で次のように記している。

戦後の日本で韓国人は常に刺激的な勢力だった。

人数は激減したが、韓国人は依然として騒々しかった。感情的であった。

無駄な疲労の原因になるような集団だった。

彼らは絶対に敗戦国民の日本人に加担しなかった。

逆に戦勝国民の仲間入りをしようとした。

韓国人は「日本の法律は我々には適用されない!」と考えていた。

だからアメリカ占領軍(GHQ)の指令も日本の法律と同じように殆ど無視して行動した。
韓国人の行動は日本国内に非常な混乱を発生させた。

占領当初の数ヶ月、在日韓国人炭鉱労働者の頑強な反抗のせいで、 日本の重要産業の石炭産業の再建は損害を被った。

経済的領域での韓国人の様々な活動は、日本経済再建の努力を頻繁に妨害した。

1948年の神戸の緊急事態宣言は日本の教育改革を韓国人が妨害した結果だった。

占領当局(GHQ)が決定した韓国人帰国政策を日本政府が実施しようとすると、
これも妨害した。

こうした韓国人の犯罪性が日本人と韓国人の関係に与えた悪影響は依然として甚大だ。

韓国人の略奪行為が殆ど日本人の庶民の日常生活の重要な地域で行われた事も原因だ。

更に韓国人は日本に不法に入国しようとした。
 
不法入国の時、伝染病も持ち込んだという事情もあり、日本人の不安を増幅した。

「“韓国人は悪だ”という心理が時間の経過で日本人の心から薄れていく」と予想する事は全く出来ない。
と締めくくっているのだ。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
トンスル民族とは関わるべからず。 倶楽部 へいちゃん 2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる