倶楽部 へいちゃん 2

アクセスカウンタ

zoom RSS 朝日新聞と左派政党の「ご注進」は「内乱罪」だろう。

<<   作成日時 : 2016/03/14 21:03   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

こんばんは。
暖かかったり真冬に戻ったりとか、三寒四温どころの騒ぎではない。
体調管理といってもね〜が本音だ。

すでに内部崩壊、軍事クーデター、経済崩壊が間近だと思う中国。
その中国に「ご注進」をして、日本人を世界的に貶めてきた連中が、罪にも問われずにのうのうと生きている事が歯がゆい。

画像


靖国参拝が中国の外交カードとなったのは、いつくらいからだろうか。

戦後、日本の首相が靖国神社を参拝しても中国は特段、問題視しなかった。
ところが1979年4月に朝日新聞は、〈A級戦犯14人靖国神社合祀 賛否、各界に波紋〉(4月19日付)と火種を投じた。
同月21日に大平首相が靖国参拝すると、〈「A級戦犯」合祀が大きなニュースとなったため、外国人カメラマンを含む約50人の報道関係者が首相を待ち受けた〉と炎上用の油を注いだ。

しかし、当時の中国は無反応だった。
同年10月に大平首相が靖国を参拝した際も中国からの批判は皆無だった。
当初は“炎上作戦”は失敗に終わったのだ。だが、繰り返し日本のメディアが靖国参拝を問題視する報道を続け、「靖国」は外交問題に発展していく。

状況が大きく変わったのは、中曽根康弘・首相が公人としての靖国参拝を明言した1985年だった。
この時、朝日新聞は再び「反靖国」の一大キャンペーンを始めたのだ。

〈靖国神社は戦前、戦中を通じて国家神道のかなめに位置していた。
軍国主義日本のシンボルだったことも見逃すことのできない歴史的事実である〉(1985年8月4日付)

〈靖国問題が今「愛国心」のかなめとして再び登場してきたことを、中国は厳しい視線で凝視している〉(1985年8月7日付)

それでも中国政府は、終戦記念日に中曽根首相が靖国を参拝しても目立った反応をしなかった。
畳みかけるように8月末には社会党訪中団が北京に飛び、「中曽根内閣は軍事大国をめざしている」と「告げ口外交」に勤しんだ。

朝日新聞と左派政党の「ご注進」に釣られた中国の要人やメディアはここから靖国参拝批判を開始。

つまり中国が靖国で騒ぎ出したのはここ30年の話なのだ。
こう見ると、靖国参拝が中国の外交カードとなったことに果たした朝日の“役割”が大きいことがよくわかる。

中国や韓国が仕掛けてきている対日歴史戦を考える時、見逃してはならないのは日本の新聞が書き立てたデマや誤報が攻撃材料として利用されている点だ。

この「ご注進」による日本の国益の損失と、日本人の評価が間違った方向に誘導されたのは間違いない。

それでも、マスメディアは偏向報道をやめようとしない。

日本国民が甘すぎるのだ。

個人に降りかかる火の粉は慌てて祓うが、国家単位だと実感がない。

今のままの報道姿勢を容認していたら、日本国民はとんでもない立ち位置に追いやられるだろう。。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
朝日新聞と左派政党の「ご注進」は「内乱罪」だろう。 倶楽部 へいちゃん 2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる